どん底の中で(東京vs鹿島)

らいおん。

DSC00942_R.jpg


相手にとって怖くない東京は・・・アウェイでの連戦で、ルヴァンカップのプレーオフの広島戦は何とか勝った(1-0)けれど、リーグ戦は連敗(磐田0-2、セレッソ1ー3)した。

しかもセレッソ戦でキャプテンの森重が負傷退場してしまい、その前の磐田戦でも大久保嘉人が怪我をしているて・・・ディフェンスリーダーとエースを欠くと言う、まさに「どん底状態」。

そんな苦しい時にホームで迎えた相手は・・・水曜の未消化試合を勝って、首位に返り咲いた鹿島。
長野にも勝てなかった東京が鹿島相手にどのような試合を見せるのか・・・。

J1 第18節
FC東京 VS 鹿島アントラーズ
@味の素スタジアム


DSC00877_R.jpg

【東京スタメン】
リーグ順位:9位(勝ち点24:7勝3分7敗)
直近3試合:●◯●


前半戦終わって・・・東京の順位は去年の最終順位と変わらない9位。
大型補強で「今年こそは・・・」と思ったけど、また中位のチカラに引っ張られてしまったって感じ。

FW:--------15永井-------
MF:---38東-- 9ウタカ--37橋本--
   ---- 8高萩---- 7米本----
DF: 6太田-- 5丸山-- 4吉本-- 2室屋
GK:--------33林--------

ベンチ:GK大久保択、DF徳永、MF梶山、河野、中島、田邉、FW前田


怪我の森重、大久保嘉人の代わりに丸山、永井が先発へ。
そして・・・注目はやっとJ1でスタメンまで戻ってきた米本!!

ボランチに米本を置けることで橋本をサイドハーフへ。
ベンチメンバーは中島、前田以外はちょっと心もとないけれどね。。。

【対戦相手:鹿島アントラーズ】
リーグ順位:1位(勝ち点36:12勝5敗)
直近3試合:◯◯◯


DSC00885_R.jpg

鹿島は去年2冠を成し遂げた石井監督が成績不振で5月末退任して大岩監督となった。
その監督交代が功を奏し、その後は連戦して順位を一気に上げてきた。

土曜に柏、水曜に川崎と上位対決を制してきていて・・・はっきり言って勢いが違い過ぎる感じ。

「東京も監督が変われば・・・」って気持ちもあるけど。。。

そんな変えられない東京の唯一のアドバンテージは鹿島が前の試合から中2日と言うこと。
しかも柏、川崎との試合はともにアウェイだったんで・・・後半に疲れがって展開に持ち込みたいところだね。


IMG_1967[1]_R

「チケット完売」の今日の試合。
調子のいい鹿島に客が集まるのは分かるけれど、調子のよくない東京にも人が来るとは意外だったな。。。

DSC00860_R.jpg
ナオが来た!!
「みんなで応援しよう!」とサポーターへ声をかけるナオ。
そしてナオのコールから応援が始まる・・・ホント、東京のシンボルとも言えるのはナオしかいないよね!!

そんな気合を注入され・・・試合が始まった♪


【試合】

DSC00899_R.jpg

試合が開始し、やっぱりプレーひとつ一つに両チームの勢いの差を感じる。
鹿島は攻める、守るとしっかりチーム全体でメリハリのあるプレーしていて、東京は個々で何とか防いでいるって状態。

ただ、それは戦前から分かっていた事だし、東京の選手も気持ちでは負けてない感じで・・・今日は戦えているって印象の入り。

「今日はいい感じだな」って、思っていたら・・・サイドからのクロスからゴール前の処理をバタついてしまって、鹿島に先制点を許してしまった。。。

*東京0-1鹿島*

「これが勢いの差なのか・・・」
しっかり守備が出来ていただけに、鹿島のファーストシュートを得点に繋げられしまって・・・なんとも勿体無い感じ。

幸先よく先制点を奪った鹿島は、ここから少し引き気味となり東京もボールが持てる展開に。
今日の東京はただボールを回すだけでなく、みんながゴールに向かっていてコーナーキックも数多く獲得していく。

このコーナーキックを決めきるチカラがあればね・・・今年はセットプレーからの得点が決まらないから厳しい展開になってしまう。
守る鹿島は奪ってからの素早いカウンターで東京ゴールに迫り・・・東京もDF吉本がなんとか食らいついていくと言うシーンも。

押し込んでいる感じも、鹿島の術中にはまっている感じで・・・そんな流れを断ち切ったのは、MF橋本だった!!

FWウタカが前線から一旦戻したボールをDF太田が早めにクロスボールを入れる。
中央で待っていたMF橋本がヘッドで合わせて・・・同点弾を決めた!!

*東京1ー1鹿島*

自分たちでボールを保持しながらも攻略出来ずに苦しくなりそうな展開だったんで・・・前半のうちに同点に追いつけたのは大きかった!!

前半は同点のまま推移して終了。
後半開始早々、試合は動く!!

鹿島の攻撃からのボールを奪ってのカウンター。
FWウタカがドリブルをして鹿島ゴールに迫りつつ他の選手の上がりを待ち・・・空いているスペースに駆け上がってきたMF橋本へパス。

それをMF橋本がしっかり決めて・・・東京、逆転!!

DSC00908_R.jpg

*東京2-1鹿島*

前半の同点に追いついた良い流れのまま逆転をした東京。
FWウタカの周りを活かすプレーが得点を生んだね♪

逆転後も今日の東京の選手たちは皆が勝利に向かってプレーしていて、逆転したからとギアを落とす事なくプレーを続ける。

DSC00932_R.jpg
前線で起点となるウタカ

追う鹿島も選手交代で前線への圧力を強めていき、一進一退の攻防に。
そんな見応えのある試合展開で、トドメの一撃が決まれば良かったけれど・・・次の得点を決めたのは鹿島だった。

ゴール前をしっかりケアしていた東京だったけれど、元東京のFWペドロ・ジュニオールに技ありのミドルシュートを決められてしまった。。。

*東京2ー2鹿島*

この得点で息を吹き返した感じの鹿島。
東京も得点を奪いにMF中島、FW前田、MF田邊と前線を活性化させる為に選手を投入するも・・・ジリジリと鹿島に押し込まれる展開に。

DSC00963_R.jpg

ただ3度目のゴールは割らせずに耐えて・・・試合終了!!

DSC00967_R.jpg

*試合結果:東京2ー2鹿島*
*東京得点:橋本(44分、47分)*


逆転し勝てる可能性はあった試合だったけど、終盤の鹿島の猛攻を思うと引き分けで納得しないといけない試合だったかな。

ただ今日の試合はここ何試合かの気持ちを感じないプレーとは違って、みんなしっかりと戦えていた。
本当は今日のプレーがもっと前から観たかったのにな・・・。


☆今日のイチバン・・・橋本 拳人☆

中盤に欠けていた前への推進力。
ヨネの復帰で拳人が活きるポジションに戻ってきたね!!

森重、嘉人と看板選手が居ないどん底の中で希望の光とも言える活躍。
そう思うとこれからの反攻を期待したいね♪

●今日のダメダメ・・・守備陣●

ディフェンスリーダーである森重が不在だったと言うことはあるけれど・・・逆転までした展開で終えれなかったのは残念でならないな。。。

得点を取っても守れないって状況は今までとは変わっていない訳で・・・やっぱり調子いい時は得点を許さない強さを感じただけに、もっと吉本、丸山には奮起してもらいたいね。


リーグ戦はここで1カ月弱のサマーブレイクに入る。
東京はその期間にドイツに遠征して強化試合を行う予定。

新たな新加入選手の噂もあるし・・・ここから全勝する気持ちでリーグ再開に向けてしっかり準備をして臨んでもらいたいね!!

*東京観戦成績(17年):22戦11勝4分7敗*

=らいおん。=
スポンサーサイト
Posted byらいおん。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply