期待をチカラに(川崎U18vs東京U18)

らいおん。

DSC01548_R.jpg


昨日の新潟戦に続いて、今日はUー18の試合を観に行く事に。

大会は去年東京が優勝した全日本クラブユース選手権で、東京は順当に勝ち上がり準決勝からの東京ラウンドまで駒を進めた。

今季は初めてのUー18の試合だけれど・・・J3でよく観ている選手たちが同年代の大会でどんなプレーを見せてくれるのかを楽しみに西が丘へ♪


IMG_1998[1]_R

スタジアムに着くと、もう一方の準決勝の浦和と山形の試合が行われていた。

前半の途中にスタジアムに着いた時には浦和が1-0とリードしている状況。
プレミアリーグ所属の浦和と東北プリンスリーグ所属の山形・・・さすがにこれは力の差が出ているかなって思いながら観戦する。

試合は実力で勝る浦和がボールを支配する時間が多いも、山形はみんながしっかりと守備をしていてゴールは割らせない。
前半は浦和が押し込んでいるも、そこまで決定的はシーンはなく、スコアは動かずに終了する。

後半に入っても浦和の優勢で試合は進む。
山形はゴール裏に多くのサポーターが駆けつけていて、絶えず声を出していた。

それが通じてか、徐々に山形も攻撃のチャンスが生まれて・・・ただ、あと一押しが足りずゴールが奪えない。
試合終盤にはロングボールを入れて押し込むも、カウンターからゴールを決められて万事休す。

2-0で浦和が決勝進出を決めた。

*試合結果:浦和2-0山形*

格上相手に頑張っていた山形だったけど、準々決勝で鹿島を倒した奇跡は起きず。
ただ毎回上位陣が関東や関西ばかりの大会に新鮮なチカラを感じられて・・・ベスト4は素晴らしいよね♪


全日本クラブユース選手権 準決勝
川崎フロンターレUー18 VS FC東京Uー18
@味の素フィールド西が丘


DSC01487_R.jpg

【東京成績(関東第一代表)】
ラウンド16:2-1 セレッソ大阪Uー18
準々決勝:6ー2 湘南ベルマーレUー18


準々決勝までの群馬ラウンドを危なげなく終えた東京。
準決勝の相手は・・・川崎フロンターレUー18。

なんと今週末にトップチームもリーグ戦と戦う相手!!
ここはまず下の年代でしっかり勝利をおさめたいね♪

【対戦相手:川崎フロンターレUー18(関東第ニ代表)】
ラウンド16:1(PK5-3) 1 サンフレッチェ広島ユース
準々決勝:0(PK4-1) 0 横浜F・マリノスユース

DSC01494_R.jpg

川崎Uー18は東京がいるプレミアリーグの下のカテゴリーにあたる関東プリンスリーグ所属のチーム。
ただ今大会の地区予選の関東大会でもプレミア組を抑えて決勝まで進んでいて東京と戦っている(東京1-0川崎)。

ノックアウトステージも2度のPK戦を制して勝ち上がっていて、接戦をモノにして上がってきているだけに勢いある相手。
その勢いを東京はどう迎え撃つのか・・・。


【試合】

DSC01499_R.jpg

試合開始し、川崎は前線からの激しいプレスで東京の中盤に自由を与えてくれない。
そのプレスの強さに押され、東京はボールを前線になかなか送れずに苦しい展開が続く。

そんな中でJ3にも出ているサイドバックのDF坂口が負傷退場してしまう。。。

いきなりの負傷でMFの荒川が左サイドバックに入ってゲームプラン的に厳しくなるかって思ったら・・・荒川は坂口とは違う前への推進力を活かして違う色のプレーを見せていた。

こーやって選手層が厚いのも東京の特徴だよね。
やり繰りは大変そうだけれど、J3、プレミアリーグの掛け持ちでたくさんの選手が実践経験を積んでいる。

そこで苦労しそうなもんなんだけれど、東京の若い選手たちは、そんな大変さも感じさせないくらいしっかりプレーしている。
ホント、あとはこの下部組織の戦力をどうトップチームへ活かすかなんだけれどね・・・毎回試合を観る度に感じてしまうよ。。。

試合は川崎のプレスに苦しみながらもサイド攻撃を繰り返して相手ゴールへ迫る。

そんな中で面白かったのはMF品田のフリーキック!
ゴール正面のエリアからのフリーキックを・・・クリロナばりの無回転シュート!!

惜しくも相手GKに防がれたけど・・・Uー15の時もミドルレンジのシュートは上手いと思ったけど、このフリーキックをマスター出来ると、より注目される選手になるね♪

前半はスコアは動かず0-0のまま後半へ。

後半に入って東京は素早くボールを回して川崎のプレスをかわして攻撃を仕掛ける。

そこで感じる東京の強さは・・・何と言ってもボランチの2人!!

DSC01522_R.jpg
平川
10月にワールドカップを控えるU-17日本代表の中心選手。
J3ではなかなか相手との体格差で潰れてしまう感じもあるけれど・・・同年代ではやっぱり別格の安定感。

DSC01524_R.jpg
品田
U-15のキャプテンも今年は最高学年。
今季はJ3にも出場し、最初は心配だったけれど今では落ち着いたプレーを披露している。
去年の生地に似た感じで・・・気になる選手だよね♪

品田と平川のこのボランチコンビは似たタイプで普通は噛み合わない感じなんだだけど、どっちもしっかりプレスをしてボールが持つと左右をうまく使い分けていて・・・川崎はなかなかプレスのポイントを絞れない。

東京は両ボランチを中心に左右を使った攻撃を仕掛け、そして前線にはFW久保、MF小林幹とドリブルで仕掛けてくる。
押せ押せ状態の東京だけど・・・肝心な点が決まらない。。。

サッカーはずっと攻撃って事は無いわけで、川崎もセットプレーで活路を見い出そうとし危ないシーンもあったけど・・・GK高瀬を中心にしっかり守りきった!!

川崎も「いける」と感じたその流れで、東京は高速カウンターを発動!!

FW久保が左サイドで仕掛けていきシュートを放つ!!
そのシュートを相手GKに防がれるも、そのこぼれ球を・・・FW原が押し込んで、先制点を決めた!!

*東京1-0川崎*

DSC01561_R.jpg

ちょっと嫌な流れになりかけてた時のこの得点は大きい!!
そしてFW原はJ3で最初観た時は頼りなかったけれど、今ではJ3で得点も決めていて・・・頼りになるエースって感じだよね♪

試合が再開し、同点弾を狙う川崎はまた激しくプレスをかけてくる。
東京はそんな前のめりの川崎を嫌ってか、ロングボールを早目に前線へ入れていく。

・・・と、それを感じてFW原がディフェンスラインの裏に抜け出してチャンスを迎える!!

DSC01578_R_20170804163327b61.jpg

DSC01586_R.jpg

ボールのバウンドと飛び出す相手GKの間合いを見計らって・・・ループシュート!!
キレイにゴールに吸い込まれて、あっという間に追加点を上げた!!

*東京2-0川崎*

いや~、強いわ。
なんともあっさり得点を決めてしまうんで、こーなるとよりトップチーム得点力不足を感じてしまう。。。

2得点目を決めて・・・時間はまだ30分くらいあるんで、原のハットトリックも期待してしまう♪

DSC01608_R.jpg
ドリブルで仕掛ける久保

DSC01623_R.jpg
3得点目を狙う原

2点のリードを得た東京は喰らいつく川崎にしっかり守備のブロックを作って対応する。
そして攻撃時には一気に攻め込む・・・なんともメリハリの効いた戦い方で、ホント強者の戦い方をしているなって感じる。

終盤も疲れの見える前線や中盤の選手を入れ替えていき・・・原のハットトリックは見れなかったけれど、期待どおりの勝利を手にした!!

DSC01663_R.jpg

*試合結果:東京U18 2-0 川崎U18*
*東京得点:原(57分、59分)*


応援しているチームと言うのもあるけれど、今日観た4チームで東京の強さは別格な感じ。
それくらい戦力が充実しているし、みんな自信を持ってプレーをしている。

IMG_2001[1]_R

決勝進出を決めてゴール裏に挨拶に来た選手たち。
挨拶を終えて、すぐに・・・

IMG_2002[1]_R
ミーティング
勝っても浮かれない・・・調子のってしまいそうな年代の選手たちを佐藤監督はしっかり抑えこんでいる。
これが東京の強さの秘訣かもね♪

DSC01671_R.jpg
大智の〝シャー〟
今日の殊勲者は・・・もちろん2得点の原大智!!
相手DFとも競り負けていないし、守備にも戻り得点も上げる・・・今までに東京に居なかったタイプの選手なんで、トップ昇格も期待したな。。。

2日後の決勝は・・・仕事で観に行けない。。。
ただ東京は普段のプレーをすれば勝てると思うんで・・・朗報を待つこととしましょう。

DSC01667_R.jpg

*東京観戦成績(17年):25戦13勝5分7敗*

=らいおん。=
スポンサーサイト

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply