タイトルへの渇望(川崎vs東京)

らいおん。

DSC03481_R.jpg


行けなかったリーグ戦のアウェイ・マリノス戦を0-1で落とした東京。
新システムにして浦和戦まで負けなしだったけれど、ここにきて2連敗となり上位進出は厳しくなってきた。

リーグ戦はワールドカップ予選の為に一時中断し、その間にルヴァンカップのノックアウトステージが行われる。

広島とのプレーオフを制してノックアウトステージに進んだ東京。
天皇杯も敗れているんで、残されたタイトルの可能性はこのルヴァンカップのみとなり・・・これだけはしっかり手にしたいところ。

ノックアウトステージの最初の相手は・・・川崎。
今月頭に等々力で対戦したばかりの相手で、「またも行くのか」って感じで・・・仕事後に自転車でゲリラ豪雨に合いながら等々力競技場に向かうことに。

ルヴァンカップ 準々決勝 第1戦
川崎フロンターレ VS FC東京
@等々力陸上競技場


DSC03396_R.jpg

【東京スタメン】
グループステージ順位:A組2位(勝ち点12:4勝2敗)
直近3試合:○●●


FW:----13大久保嘉- 9ウタカ----
MF: 6太田-- 7米本--37橋本---26柳
   -------10梶山--------
DF:--- 5丸山- 4吉本--22徳永---
GK:--------33林--------

ベンチ:GK大久保択、DF山田、MFユ・インス小川、東、FW永井、前田


ワールドカップの日本代表にMF高萩、韓国代表にDFチャン・ヒョンスが選出され、今回の準々決勝に2試合は不在。

また、MF中島はポルトガルへ移籍し、DF森重、MF室屋は怪我で欠場・・・MF河野、MF阿部、MFバーンズは移籍してしまったんで、気づくとかなり戦力が落ちている感じがする。

ただこーゆうチャンスをMF柳やJ3で活躍してトップチームに帯同することになったDF山田、MFユ・インスは活かしてもらいたい。
若い選手が突き上げない限りこの停滞感からの脱却は出来ないからね!!

【対戦相手:川崎フロンターレ】
グループステージ順位:ACLシード
直近3試合:○○△


東京とは対照的にACL、リーグ戦、天皇杯、ルヴァンカップとすべてのタイトルの可能性を残している川崎。
リーグ戦で東京が敗れた浦和をACLの試合では3-1で下して勢いがある。

そしてそんな好調のチームなのに、ワールドカップ予選の代表には誰も選出されない特権を得ている。
うちはチームの心臓とも言える高萩が選ばれると言う苦痛を味わっているのに・・・。

今日はリーグ戦のスターティングメンバーはFW小林、MF中村をベンチにして大きく変えてきているけれど、DFエドゥアルド、MFエドゥアルド・ネット、MFハイネルと外国籍選手3人が先発し戦力的には落ちていない感じ。

東京的には耐えてアウェイゴールを奪って第2戦へ向かいたいところ。


【試合】

DSC03416_R.jpg

試合が開始し、東京はしっかりと守備のブロックを敷いて川崎の攻撃を食い止めていく。
特に2列目で相手の中盤にプレッシャーをかけるMF米本と橋本のプレスは強烈で、そこを川崎は嫌ってなかなか攻撃のカタチが作れていない。

東京の不安材料の一つでもあったMF柳も・・・体格を活かした守備をしていて安定していて、攻撃時には積極的に上がって行っていて「このチャンスをモノにする」と言う意気込みを感じるプレーをしていた。

DSC03422_R.jpg
東京のコーナーキック
東京は何度かコーナーキックの場面を得るなどチャンスは作っていたけれど・・・得点が奪えない。

MF陣は運動量が多く目立っていたけれど・・・イマイチなのはウタカと大久保嘉人の連携。
どっちも同じ動きをしてしまっていて、せっかくマイボールのチャンスをパスミスなどで逃してしまう。。。

前半は攻撃がウリの川崎相手にミドルシュート以外はほとんど怖い場面を作らせず、MFハイネルのドリブル突破もみんなでカバーし合って抑えて0-0で終了する。

後半に入っても流れを掴んでいたのは東京。
MF米本からのスルーパスに川崎ディフェンスラインを抜け出したFW大久保嘉人がGKと1対1に!!
・・・が、そのシュートを防がれてしまい、こぼれ球に詰めたFWウタカのシュートも宇宙開発しゴールを大きくそれてしまった。。。

DSC03426_R.jpg
駆け上がる柳
やっと自分らしいプレーを披露できるくらいになってきたMF柳。
室屋には無い身長と言う武器を彼は持っているんだから、これからセットプレーなどで得点を奪って存在を示してほしいところ。

DSC03439_R.jpg
アンカーの梶山
柳と共に不安視していたMF梶山。
高萩みたいな大きな展開はないけれど、今日はバックパスをする事も少なく悪くはなかったかな。

DSC03435_R.jpg
縦横無尽の米本
彼と橋本は「壊れてしまうんじゃないか」ってくらいの運動量で・・・この2人が怪我をしだすともう危機的な状況になってしまうなってくらいの目立っていた。

流れは悪くないけれど、そう多くないチャンスを逃していると・・・次第に流れは川崎に。
東京の集中して耐えていたけれど・・・ここで思わぬレフリーの笛。

遠目のゴール前の出来事だったからしっかり確認は出来ていないけれど、そんなファールとは思えないプレーで笛が鳴り・・・PKが川崎に与えられる。

DSC03488_R.jpg
家長のPK
GK林もコースを読んでいたけれど・・・ゴールイン。

*川崎1-0東京*

失点をし東京はMF梶山に代えてMF東を投入。
その前にMF永井も入っていたんで、3トップのシステムにして得点を奪いに行く!!

・・・が、ここから停滞ゾーンに入ってしまい、守備を固める川崎の前にただ無難にパスをつなげる感じに。
効いていた米本がポジションを下げてしまったんで、前へのプレスも弱まってしまって・・・3トップもただ前が詰まってしまっただけになってしまう。

東京の迫力のない攻撃を抑えた川崎は鋭いカウンターで東京ゴールに迫り・・・完全にスタジアムの雰囲気は川崎の押せ押せ状態に。

そこにエースFW小林の投入でボルテージはさらに上がり・・・何としても同点弾が欲しかった東京を尻目に、試合終了間際にさらに追加点を奪う。

もう、完全にダメダメな東京・・・そのまま反攻も出来ずに試合は終了した。

DSC03513_R.jpg

*試合結果:川崎2-0東京*
*東京得点者:なし*


どんなカタチでも1点が奪えればって思ったけれど・・・甘かったね。。。
前半が悪くなかっただけに、後半の決定機を決めきれていれば・・・苦しい状況でのホームでの第2戦を迎えないといけなくなってしまった。

今までノンタイトルの川崎の「今年こそはタイトルを」と言う気持ちにも負けてしまっていたね。

DSC03522_R.jpg


☆今日のイチバン・・・米本 拓司☆

今季大怪我から復帰したばかりの彼がイチバン目立っている時点でチームの問題は深いよね。。。

良いプレーで東京を支えていくれている彼が怪我をしないかだけが心配。。。

●今日のダメダメ・・・FW陣●

大久保は毎回毎回決定機を外し続けているのに起用されていて、ウタカは・・・散々だった浦和戦と何も変わっていない。
スピードが勝負ではないとは言え、カウンターでボールを止めてしまうのはチームの為になっていないよ。。。

いくら得点王の称号を持っていても「ワクワク感」の無い選手だったら、いっそのこと若い選手を起用してもらいたい。
今はユ・インスの危ないくらいガムシャラなプレーとかが必要なんじゃないかな。


準決勝に勝ち上がるのは日曜のホームゲームで3点が必要となる。
今のチグハグな攻撃陣に期待は出来ないけれど・・・悲しいかなサポーターは信じて応援するしかないんだよね。。。

地獄のアウェイ連戦の8月の先には明るい9月が・・・と、言える様な試合を期待したいね!!

*東京観戦成績(17年):29戦14勝6分9敗

=らいおん。=
スポンサーサイト
Posted byらいおん。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply