奇跡を信じて(東京vs川崎)

らいおん。

DSC03613_R.jpg


アウェイの連戦が続いた8月。
最後の試合のルヴァンカップの準々決勝の第1戦を0-2で落とした東京。
反攻の9月の狼煙を上げるためにも、9月の初戦となる第2戦を勝って、勢いを取り戻したいところ。

第1戦から時間も空いてなく、守る相手の3点を奪わないといけない難しい試合だけれど・・・勝利を信じて味スタへ!!

ルヴァンカップ 準々決勝 第2戦
FC東京 VS 川崎フロンターレ
@味の素スタジアム


DSC03529_R.jpg

【東京スタメン】
準々決勝第1戦:0-2川崎
直近3試合:●●●


FW:----13大久保嘉-20前田-----
MF:25小川-- 7米本--37橋本---26柳
   -------10梶山--------
DF:--- 5丸山- 4吉本--22徳永---
GK:--------33林--------

ベンチ:GK大久保択、DF山田、太田、MFユ・インス、東、FWウタカ、永井


今日の試合も代表のMF高萩、DFチャン・ヒョンスは不在。

ここ数試合なかなか得点が奪えていない攻撃陣は前田をスタメン起用。
左サイドに小川を入れて、攻撃的な布陣に。

【対戦相手:川崎フロンターレ】
準々決勝第1戦:2-0東京
直近3試合:○△○


DSC03547_R.jpg

ベンチメンバーで第1戦を制した川崎は今日はMF中村、FW小林などリーグ戦でのメンバーがスタメン。
東京的にはこの強力メンバーから勝利を奪わないといけないより難しい試合に。

勝っているチームの雰囲気はサポーターの行動にも表れ、アウェイ席には多くのサポーターが駆けつけていた。


【試合】

DSC03564_R.jpg

試合が始まり、なんとしても点を奪いたい東京。
最初の入り方で一気に逆転と言う展開もあると思っていたけれど・・・点を奪いたい前線の選手と、これ以上の失点は許したくない守備陣とで意思統一が出来ずの中途半端な状態に。

そんなチグハグな東京を尻目に川崎はパスで東京の3バックのサイドのスペースを効果的に使い攻め込んでいく。
危ないシーンもあったけれど、何とか防いでいる東京。

ただ、そんな我慢の時間を耐えきれなかった。。。
しかもその崩壊のきっかけはエースナンバーの10番を背負うMF梶山。。。

彼の前線へのパスを相手に読まれていて奪われしまう。
そして彼の裏のスペースを使われて独走を許し、足の遅い梶山が追いつくはずもなく・・・許してはいけなかった次の1点を早々に奪われてしまった。。。

*東京1-0川崎*

鹿島の小笠原、川崎の中村・・・彼らは結果を残してチームの中心として君臨をしている。

チームに長く所属している梶山にも同じように東京を引っ張っていって欲しいし、その期待から文丈から10番を引き継いだはずなのに・・・いつまで経っても彼がうちらの心を揺さぶるようなプレーを見せてくれないし、それ以上に目を覆いたくなるプレーの方が多い。

そんな彼に頼らざるを得ないチームなのか・・・若い選手を押しのけて彼が出場しているモノは何なのか俺には感じられない。

失点を許して、3点奪ってスコア上では引き分けもアウェイゴールで負けてしまう状況になった。
そして崩れたチームは立て直せないまま、すぐに川崎にゴールを許してしまう。

*東京0-2川崎*

チーム状態が良くないのは判っている。
ただそれでも奇跡を信じて味スタに来たけれど・・・まさか前半30分でその希望も無くなってしまうとは。。。

2失点し、篠田監督はMF梶山を交代で出す状況に。
第1戦は無難にプレーしていた梶山だったけれど、2試合続けて安定したプレーが出来ないのはいただけない。

そんな梶山をスタメンで起用した篠田監督にも・・・もう失望しかない。

選手交代しても流れは生まれず、3点目を許して前半を終えた。

DSC03569_R.jpg

試合は決まった状況で迎えた後半。
東京はダブルボランチにして何とか流れを取り戻したいところ。

DSC03592_R.jpg
ボールを運ぶ大久保
何とか現状を打破しようと、FW大久保嘉人が中盤に降りてボールを捌く。
彼のこんなプレーを観たいわけじゃないのに・・・悲しい状況。

そんな大久保も頑張りも実らずに後半に入っても失点を続けていく。。。

「何とか1点を・・・」とFWウタカ、MFユ・インスと攻撃的な選手を投入して・・・それが実ったのは後半のロスタイム。
FW大久保嘉人がゴールを決めたけれど・・・それまでに東京は計5失点も相手に許して試合終了。

DSC03624_R.jpg

*試合終了:東京1-5川崎*
*東京得点:大久保嘉人(90+1分)*


情けない。
情けなさ過ぎる・・・。

ゴール裏のサポーターも情けなさ過ぎてブーイングも無い。
人は本当に怒ると言葉を出さない・・・サポーターはそれくらい怒りの頂点にきている。

東京サポはスタジアムの居残りとかブーイングでなく、このスタイルが一番の怒りを表している。

去年の最終戦で森重が流した涙は何だったのか・・・このチームはみんなプロとしての意識はあるのか。。。
選手も、監督も、フロントも・・・このままで「優勝」なんと何十年やっても無理な話だよ。

ただ、第1戦の大久保のシュートが決まっていたら、この結果だったのか・・・そう思うと決めるところをしっかり決めないツケが大きなカタチで現れてしまったなって感じ。

DSC03628_R.jpg

ルヴァンカップも手放して、リーグ戦も優勝の可能性はほぼゼロ。
残りのシーズンは何をモチベーションに挑めばいいのか・・・少しでも来季への期待を感じさせる変化に期待したいな。

DSC03576_R.jpg


*東京観戦成績(17年):30戦14勝6分10敗
スポンサーサイト
Posted byらいおん。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply