別れの季節(東京vsガンバ)

らいおん。

IMG_0238[1]_R


大久保嘉人、高萩、林と日本代表クラスの補強をし、鬼門のアウェイでの鹿島戦を制して華々しく開幕を飾った東京。

4節には川崎にも勝って、「今年は違う」と思ってたら・・・紙面でチーム批判をする選手がいて、その影響からか徐々に勢いを無くしてしまった。

勢いを取り戻そうと篠田監督は4バックから3バックにして現状を打破しようとすると好転せず、シーズン途中で安間さんにバトンタッチするも・・・なかなか勝ちには恵まれないまま最終戦を迎えた。

最終節を迎えるにあたって、もっと違う景色を期待したシーズンだったけど・・・結局は同じ景色。
そして時計の針だけは戻せず、東京を長年引っ張ってきてくれた石川ナオは引退をし、徳永が東京を離れことが決まった。

「せめて最後だけは・・・」
勝利を期待し、今シーズン最後の味スタへ。

J1 第34節
FC東京 VS ガンバ大阪
@味の素スタジアム


DSC07556_R.jpg

【東京スタメン】
リーグ順位:13位(勝ち点39:10勝9分14敗)
直近3試合:△●●


FW:-------- 9ウタカ-------
   ----18石川----- 8高萩----
MF:16太田--38東----37橋本-- 2室屋
DF: - 5丸山-14チャン・ヒョンス22徳永
GK:---------33林--------

ベンチ:GK大久保択、DF吉本、MF米本、永井、久保、FW大久保嘉、前田


「最終戦に向けて調整している」と伝えられたナオだったけれど・・・まさかのスタメン出場!!

怪我明けだから、後半の最後に出てくるものだとばかり思っていたんで、開始から出て大丈夫なのかって言うネガティブな事ばかりを考えてしまう。

前節の広島戦を回避した徳永はスタメン復帰。
徳永は最後の味スタでの試合なんで、調整をするのは判るけれど・・・ここぞとばかりに怪我人が復帰するって、その人たちの心証は良くないよね。。。

DSC07522_R_2017121314314526e.jpg
シュート練習をするナオ
ウォーミングアップする姿を観ていると・・・やっぱり、ナオとトクの為に勝利を期待せずにはいられない!!

【対戦相手:ガンバ大阪】
リーグ順位:10位(勝ち点42:11勝9分13敗)
直近3試合:△●●


シーズン途中で長谷川監督の今シーズン限りでの退任が発表されてから、まさかの9戦勝ちなし(3分6敗)と絶不調のガンバ。
うちも安間監督になってから1勝しかしていないんで、最終戦にしては厳しいシーズンを送ったチーム同士の対決となった。

サポーターは抗議の意味も込めてか、今回アウェイエリアには横断幕が見られない。
ガンバにとってはU23の試合も(最終節は休みで・・・)最終戦を終えているんで、シーズン最後の試合となる。

勝ちたい気持ちはどっちのチームも負けていないって感じだね。

そしてガンバを率いる長谷川健太監督は来季の東京の監督とも言われていて・・・東京には勝ってほしいけれど、長谷川監督の評価を下げたくない複雑な心境。

まあ、それを考えると迷ってしまいそうなんで・・・今日は純粋に勝って、ナオとトクを気持ちよく送り出したいね♪


【試合】
石川ナオのチャントが響く中で試合は始まった。
ボールは動いているのに、どうしても目がいってしまうのは・・・FW石川の姿。

相手ボールの時でも積極的に奪いに動く姿を見て、「ホントに長期の怪我で離脱してたの??」ってくらいに動く、動く!!

その姿に鼓舞されて、東京はボールを保持してガンバゴールへと迫っていく!!

DSC07585_R.jpg
石川のコーナーキック
シュートも多く、みんなが勝ちに行く姿勢を見せているけれど・・・肝心の得点が生まれない。。。
ホント、「1本入っていれば・・・」って試合が多く、なんかホームでは呪われているのかって感じてしまう。

今年は押していても、そこからのカウンターとかで失点をして苦しい展開になる試合が多かったけれど・・・対戦相手のガンバも絶不調が判るくらいに攻撃に迫力が無い。

ガンバは今季は中盤の若いMF井手口が代表に選ばれるなど好材料も多かったけれど、最終的には東京と課題は同じで「最後に決めきる」選手を欠いたことが上位へ行けなかった原因の一つ。

Jリーグは中国のチーム程ではないけれど、やっぱり外国籍選手が前線で活躍したチームは強いよね。

そんな事を感じながらも試合はどっちもどっちな展開のまま時間ばかりが過ぎてしまって・・・前半は0-0のまま終了した。

前半45分を出場した石川。
「後半開始で交代かも・・・」って不安はあったけれど、後半開始のメンバーには残っていて・・・ちょっと安心。

後半になって、「やっとナオが近くで観れる♪」と思ったら・・・後半開始からガンバの攻勢が続き、なかなかMF石川が近くに来る機会が少ない。。。

DSC07593_R.jpg

怪我をおして出場をしている石川なんで、90分フル出場は出来ないのは判っている。
ただ、やっぱりピッチ上での『背番号18』は「そこにあるべき姿」であって・・・少しでも長く観ていたい。

DSC07597_R.jpg

分かっている。
分かっていた事だけれど・・・その『背番号18』がピッチを去る時間が来てしまった。。。

DSC07609_R.jpg
おつかれさま・・・ナオ
J1に定着した東京を更にJリーグを代表するクラブへと導いてくれたのは石川の活躍があったからと思っている。
原さんのイケイケサッカー、城福さんの緻密なサッカー、ポポさんのパスサッカーでもドリブルを武器にピッチを駆け抜けて石川。

ホントに、これで味スタで駆け抜ける姿を見れないと思うと・・・ツラいね。。。

そんな石川との別れでサポーターがしんみりした雰囲気になると・・・選手の勢いもしんみりしちゃって、今シーズンの低調な東京に戻ってしまった。

DSC07619_R_20171213145140f7d.jpg
選手たちは頑張っていない訳ではないけれど・・・なんか「意地でもゴールを・・・」って雰囲気が感じられないんだよね。。。
押し込んでいる事に満足しちゃっている感じで。。。

DSC07624_R.jpg
キャプテン徳永
今日のキャプテンマークは長崎への移籍を発表しているDF徳永。
普通だったら、J1に上がって敵となるチームへの移籍なんで、許しがたいけれど・・・大学から東京一筋で頑張ってきた彼だから許されるのかなって感じ。

ただ、徳永のキャプテンマーク姿はJ2降格が決まった時を連想させてしまう。
彼は寡黙な選手なんで、他を引っ張るタイプじゃないんだよね・・・。

停滞感の漂う試合で気を吐いたのは・・・なんと、交代で投入されたFW久保!!

DSC07666_R.jpg
ドリブルで仕掛ける久保

DSC07633_R.jpg
ミドルシュートを放つ太田

FW久保は積極的な姿勢でやっと勢いを取り戻した東京。
DF太田がミドルシュートを放ってチャンスを作るなど、惜しいシーンも・・・。

そしてロスタイムにはFW久保が独特な間合いでのミドルシュートであわやってシーンもあったけれど、そんな彼の奮闘空しく、試合はスコアレスのまま終了した。

DSC07696_R.jpg

*試合結果:東京0-0ガンバ*
*東京得点:なし*


「この試合だけは・・・」って思う試合でも勝てない東京。
希望を感じさせるプレーを見せたのが最年少の久保と言う現実。

DSC07761_R.jpg

最後の最後まで攻撃陣の最良の組み合わせが見つからないままシーズンが終わってしまった。
いつかはホームでスカッと勝つ試合が観れると思ったけれど、それも叶わない不本意なシーズン。

Jリーグの中でも高給取りが多いチームだけれど、それに見合う活躍をした人はほとんど居なかったな。
そう思うと、来季は噛み合わなかった攻撃陣の大幅な入れ替えは必至かな。


☆今日のイチバン・・・石川 直宏☆

今日が最後のJ1だからって訳でなく、今の東京に欠けている「戦う気持ち」を感じさせてくれた。

そう思うと、彼の様にチームを鼓舞できる選手が居なくなるのは大きな戦力を失う事になると思う。
今日のナオの姿を見て、来季は残った選手たちが奮起してくれることを願うばかりだね。

●今日のダメダメ・・・安間監督の選手起用●

チームの顔とも言うべき選手の最後の試合で、試合終了のピッチに立たせてあげていないのは何を考えてなのか・・・。

まあ、明日のJ3の試合にもナオが出る可能性もあるんで、無理をさせたくなかったのかもしれないけれど、試合の終盤にナオが投入されたら一気にスタジアムのボルテージも上がって勝てた試合だったかもしれない。

そして、来季からはより試合出場時間が伸びるであろう久保と共演させて、その存在感を感じさせても良かったかもしれない。

今日の選手起用からは、安間監督が本当に勝ちたかったのかって言う疑問を感じてしまう采配だったかな。。。


【セレモニー】

DSC07701_R.jpg

シーズンが終わり、選手が並んでの挨拶。
選手の代表は・・・もちろんキャプテン森重。

DSC07704_R.jpg

・・・って、モリゲのすごい久しぶりな姿に違和感を感じ。

去年は「チーム全体もプロに・・・」と熱く訴えたスピーチも、今年はあっさりとしたモノで・・・。
彼のドライな部分が悪い意味で今季のチームに影響してしまったかなって気分に。

森重の後に挨拶に立ったのは大金社長。
サポーターからはもちろんブーイング!!

成績は社長のせいでは無いけれど、ダメな時に矢面に立たないといけない立場だからね・・・頑張っているとは思うけれど、今日は仕方ないかな。
サポーターの怒りを社長にぶつけたところで、次は退団する徳永の挨拶。

DSC07729_R.jpg

ピーチの内容を紙に書いてきていて・・・なんとも徳永の人柄の出るシーン。

派手な選手でないけれど、「居てくれると助かる」選手。
J2時代にプレーが安定してきて、ここ数年は計算できる選手として活躍した。

来年は故郷のチームである長崎で頑張って欲しいね。
そして味スタでの試合では・・・「徳永VS太田」の対決を楽しみにしたいね♪

セレモニーの最後は・・・ナオの挨拶。

DSC07750_R.jpg

ナオは最初にガンバサポーターに向かって挨拶をした。
そんな姿にガンバサポは拍手を送る・・・が、そこでナオは「自分がプロの初ゴールを奪ったのはガンバ大阪だった」と話す。
そうするとガンバサポーターはブーイング。

相手を認めつつ、オチまで用意するナオの心遣い・・・もう、ここで俺は涙が止まらなかった。。。
こんないい選手と別れないといけないなんて。。。

その後は今までお世話になった関係者への挨拶などをして・・・ホントに感謝を大事している選手なんだなって感じた。

由紀彦、ナオと続いたサポーターの心を掴み、東京の顔として愛される選手が今後居なくなる怖さを感じるけれど・・・今の時代は若手で活躍すると海外に行ってしまうんで、この悩みはどのクラブにもあるのかな。

そんな事を思いながら、ナオが今後も東京に関わっていく役割を考えているって事なんで・・・ナオの第二のサッカー人生を見守っていきたいね♪

DSC07794_R.jpg

DSC07855_R.jpg
トクの胴上げ&シャー

DSC07819_R.jpg

DSC07897_R.jpg
ナオの胴上げ&シャー
明日、J3の試合も「石川引退試合」と銘打っている。
今日後半まで出たナオがどれだけ出れるか分からないけれど・・・最後の雄姿を観に行く予定。

今日改めてナオの魅力にヤラレたな~って感じ。


同時刻に行われた試合の結果・・・J1は川崎が逆転で初優勝をした。

序盤はACLとのリーグ戦の連戦で思うように勝てなかったけれど、終盤に一気に勢いを得て優勝をした。
俺的には川崎に甘いジャッジに助けられた試合が多かったんで、なんかJリーグが「優勝をさせたなかった」みたいな嫌な雰囲気も感じた。

来季の多摩川クラシコは王者との対戦なんで・・・余計に負けられないね!!

そして残留争いは清水が生き残り、大宮、新潟、甲府のJ2降格が決まった。
新潟、大宮のアウェイ戦は勝率が高かっただけに・・・ちょっと残念だな。。。

東京は早々に優勝争いから脱落し、残留争いも巻き込まれないモチベーションの保ちにくい状況が続いて、応援していてもどこか冷めた目で見ているところもあった。

来季は・・・上位争いに加わり、もっと毎節順位表を見るのをドキドキするような試合を期待したいね♪

DSC07591_R.jpg
「N・A・O」

*東京観戦成績(17年):42戦18勝11分13敗*

=らいおん。=
スポンサーサイト
Posted byらいおん。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply