冬のフードフェス(イオンレイクタウン/中華まん博覧会)

らいおん。

IMG_0389[1]_R


嫁さんと休みが合った週末。
「天気も良いし、お出かけしよう!」って事で向かったのは・・・越谷レイクタウン。

埼玉の千葉県寄りにある越谷だけれど、我が家からだと武蔵野線1本で行ける。
なんで、ずっと座って行けて距離ほどの遠さを感じない場所。

「武蔵野線沿線」って言うと職場のある世田谷の人たちには「すごい田舎」だと思われるけれど・・・俺はこの都心を通らずに埼玉や千葉に抜けれる路線が走っていて、もの凄く便利だと感じている。

今日は品川で焼き芋のフェスもあったけれど、屋外だと思った以上に寒かったりすると思って・・・冬らしく越谷レイクタウン内で行われているイベントに行くことに。

≪中華まん博覧会@武蔵路をゆく≫

【寄り道なく】

12時近くに越谷レイクタウン駅に到着。
「お昼になる前に・・・」って思っていたけれど、すっかりお昼時に。。。

昼くらいになると混雑も考えられるんで、イオンレイクタウンのショップの誘惑を断ち切り・・・寄り道なしで会場となる「mori」エリアの1階へ。

それにしても・・・ホントにここは大きな施設で、目的の場所に歩いていくだけで疲れる。。。
ちょっと息を切らしながら、やっと目的の水の広場に到着した。

会場は家に持ち帰る「冷凍販売」ゾーンと、すぐに食べれる「あたため販売」ゾーンとに分かれている。
今日はもちろん「あたため」の商品を購入する。

購入の列は長くなっていて、ここからは「食べたい」欲求を抑えて我慢の時間に。
中華まんが入った温蔵庫が並ぶ横で待たされる時間は「期待」と空腹感で・・・ツラかった。。。

「ここから40分待ち」と書かれたプレートよりも列は長かったけれど、実際には20分~30分くらいで購入へ♪

IMG_0394[1]_R

冷凍販売を含めると100種類の中華まんが揃うと謳うこのイベント。
「あたため販売」はその中の20種類くらいが販売されていて、その中から選んで購入する。

なんで、事前にネットとかで調べて「食べたいな~」って思った中華まんが販売していない事も。

購入は今、温めている商品が掲示されていて、その番号をポストイットに記入してレジへ持っていく方式。
ただレジを済ませてしまえば、店員さんが選んだ商品を温蔵庫から取り出すだけなんで待たされる時間は短くてストレスが無い。

フードフェスって料理を提供するカタチであるから、会計後から商品を受け取るまでに時間を有するものが多い。
そう思うと、温めるだけの中華まんって、こーゆうイベントに適した効率がいい商品だね♪

【色々な中華まん♪】

中華まんを購入し・・・ここからが勝負の「食べるところ探し」。
時間は12時をまわって、タイミング的には最悪な状況。

3階のフードコートエリアに向かい席を探す。
日曜のお昼時・・・なかなか苦労する席探し・・・諦めようかって時に、ちょうど席が空いてゲットした!!

IMG_0395[1]_R
購入した中華まん
今回は6個の中華まんを購入♪
一つひとつ食べながら紹介。

IMG_0396[1]_R
豊川いなりまん(愛知県豊橋市/サンショク)
最初はちょっと冒険した感じの「いなりまん」。
中華まんの中身がなんと・・・いなり寿司!!

炭水化物+炭水化物と言う危険な中華まん。
その味は・・・酸味の効いた揚げと生姜がアクセントになっていて、思った以上に美味しい♪

IMG_0397[1]_R
手づくり豚まん(新潟)
2つ目は定番の豚まん。
これは新潟のぶらんど豚「越後ぶた」を使っている。

生地もボリュームがあって、その中にジューシーな豚肉が入っていて・・・定番なんでって思ったけれど、想像以上の美味しさ♪
みんなが知っている味だからこそ、しっかりと美味しさで勝負しないといけない商品だね。

IMG_0398[1]_R
海鮮しらすまん(東京都台東区/江の島アイランドスパ)
過去に売上げナンバー1にもなった中華まん。
味がちょっと気になるんで購入。

しらすだけでは味が薄いところを海老がしっかりフォローしていて・・・まあ、海鮮の中華まんはこんなものかなって感じた。

IMG_0399[1]_R
松阪牛肉まん(三重県松阪市/松阪饅頭工房みやび庵)
次は・・・ちょっと松阪牛を使った贅沢な中華まん☆
しっかり味付けされた牛肉が入っていて・・・海鮮中華まんが薄味だっただけに、インパクトを感じた。

IMG_0400[1]_R
とうふ豚まん(京都府京都市/清水順正おかべ家)
ちょっと味の想像がつかないとうふの中華まん。
中身は豆腐がギュッとしている為かずっしりと重量感を感じる。

味は・・・豚肉がほどよくアピールしている感じで豆腐の味も感じられてまとまっている。

IMG_0401[1]_R
宇治抹茶まん(京都府京都市/清水順正おかべ家)
締めはスイーツまん♪
抹茶だけでなく、栗の甘露煮が一緒に練りこまれた餡のほどよい甘さがいい感じ☆


嫁さんと2人で6個の中華まんを食べて・・・もう、お腹いっぱい。
いろんな種類の中華まんがあって、どれも食べたかったけれど・・・それはまた次の機会にでもって感じだね☆

食事を終えて買い物も・・・って思ったけれど、思った以上にお腹が重たいんでちょこっと店を見てイオンレイクタウンを後にした。

屋外のフードフェスだったら寒さや席の事などで苦労すると思われることも感じられない今回の様な屋内のフードフェス。
冬はやっぱりこーゆうカタチの方が気が楽だなって感じたね。

=らいおん。=
スポンサーサイト

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply