信州ワインの饗宴(帝国ホテル東京/長野ワインフェス)

らいおん。

IMG_0421[1]_R


昨日開幕したJリーグ。
引き分けだったけれど、試合後にサポ仲間たちと飲みに行く。

「次の日に予定があるから、ちょっとだけ」と思いつつ・・・やっぱり開幕で盛り上がり、結構飲んでしまった。。。

朝起きて、嫁さんは二日酔いぎみ。
ただ今日のイベントは事前にチケットを購入しているんで、思い腰を上げて家を後にする。

≪東京さんぽ@帝国ホテル≫

【まずはランチ】

11時30分に東京駅で一緒に行く東京サポの友達と合流。
どうもその友達も昨日のお酒が残っているって話て・・・コンディションはみんなイマイチ。

まずはイベントの前に八重洲口の地下のレストラン街で食事をすることに。
地下街に降りて・・・並んだりするのはツライんで、店の前に列が出来てなくすぐに入れそうな店へ。

IMG_0419[1]_R
博多かねふく ふく竹 東京駅店
階段下りてすぐのところにあった、明太子の「博多かねふく」の経営するレストランへ。
ランチタイムは注文を受けてから席へ案内される方式。

うちらの前に年配の夫婦がメニューを見ていたんだけれど、やめてしまって・・・次にうちらが入ったら、店内は満席状態!!
凄いタイミングよく入れて良かった~♪

IMG_0418[1]_R
焼鮭明太御膳
ランチタイムなんで、メニューは限定されているけれど・・・その中で俺が選んだのは「焼鮭明太御膳」。

嫁さんが選んだパスタとかより出てくるまで時間がかかったけれど・・・出てきた料理は分厚い鮭の切り身に明太子がまぶしてあって美味しそう♪

実際は明太子の辛さで、ご飯ばかりが進んでしまう。。。
他の小鉢料理も明太子づくしで・・・美味しかったけれど、しばらくは口の中がピリピリしてたよ。。。

「すぐに入れる店」って選んだけれど、店を出ると列が出来ていて・・・ホント、年配の夫婦に感謝だね。

【ビッグイベントも】

参加するイベントまで時間があるんで、東京駅のキャラクターストリートを見て過ごす。
テレビのキャラクターから、プラレールにレゴ・・・ここはホントに子どものパラダイスだね♪

時間が近づき東京駅から帝国ホテルまでは歩いて行く。
・・・が、そんなうちらの前に立ちはだかるビッグイベントが。。。

それは「東京マラソン」。

IMG_0420[1]_R
ランナーを応援する沿道の人たち
通りを渡ろうにもランナーのコースになっていて進めず、地下道を使って目的地へと歩いていく。
地下道はそんな移動しようとする人たちでいっぱいで・・・通勤風景とは違う不思議な雰囲気。

うちらもその流れと共に進んでいき、やっと帝国ホテルへ到着した。

【絶品ワイン】

全くもって自分の住む世界と違う帝国ホテル。
少し迷いつつ、イベントの開催される本館中2階の「光の間」へ。

会場はテーブルはあるも椅子はない立食形式。
テーブルは自由な様なんで、開いている場所で開会を待つ。

13時30分に開会を告げるアナウンスで・・・ワインフェスが始まった。

IMG_0422[1]_R
各店のブース
長野のワインを製造する会社のブースが設けられていて、そこへワイングラスを持って行き注いでもらう形式。

ただ、その会社の数が30社を越えていて、しかも各社3種類くらいのワインを用意しているんで・・・何を飲んで良いか迷ってしまう。。。

大手のサントリー塩尻ワイナリー、サッポロビール勝沼ワイナリー、甲府遠征でよくお世話になるマンズワインの小諸ワイナリーなどもあれば、個人経営のワイナリーと多種多彩。

人気のブースは開始直後に列を作る盛況ぶり。
うちらは気になるワインを「これは美味しい」、「これはちょっと酸味が・・・」と飲み比べしながら時間を過ごす。

関東近県でワインと言えば「甲州」って感じだけれど、信州のワインも負けていないなって感じた。
まあ、そんな遠くない土地だし水は美味しい訳だしね。。。

【肝いり】

しばらくすると乾杯の挨拶があって・・・その人は長野県の副知事!!

IMG_0426[1]_R
太田副知事
まあ、帝国ホテルで行っていること自体ちょっと他のフェスとは違うとは思っていたけれど・・・副知事も来たとなると、長野県の肝いりのイベントだったんだね。。。

家でパソコンでちょっと面白そうだなって軽い気持ちで行く事を決めたイベントだったけれど・・・いや~、そりゃ場違い感もあるよね。

IMG_0429[1]_R
峰竜太も来た
長野県の観光大使を務めるタレントの峰竜太も来てイベントを盛り上げる♪

彼ね・・・お酒飲めないんだって。。。

でも、観光大使の役目をしっかりと務めて、酔っぱらっている人たちのテーブルを一つずつ挨拶にまわっていた。
仕事とは言え、飲んでいる人たちと話すって大変だね。。。

【もう一つの楽しみ】

IMG_0427[1]_R
軽食
チケットをチェックするカタチで一人一皿軽食を貰える。
キノコのフリカッセやスモークサーモン、チーズなどすべて長野産の食材を使ったプレーとは、やっぱり長野のワインによく合う☆

そしておかわり自由のワインに合うように造られたパン「ワインブレッド」。
外は硬めで中はモチモチのパン・・・ついつい手が伸びてしまい、俺は何枚食べたことか。

ただ、ここで問題も・・・実はプレートを置くテーブルを探すのになかなか苦戦した。。。

参加人数に対してテーブルが十分な数なく、しかも荷物を置いて占拠する人もいて・・・「ワイン、ワイン♪」と開始の合図で場所を離れてしまったうちらはテーブル難民状態に。。。

会の中盤になって、やっとテーブルが空いて食べれたけれど・・・場所が確保できなかったら、ワイン片手にどーやって食べればいいのか。

【楽しみ方色々】

序盤はみんなけん制し合っていた感じだったけれど、中盤以降はワインブースの前で会社の人たちと話し込む人も多くなってくる。
テーブルで一緒になった女性が色々詳しくて、「ここのワインはまだ東京に出ていない」や「ここのワインが美味しかった」など教えてくれた。

この回はイベントを楽しむ為に来た人も居れば、一口だけ口に含んでワインの違いを楽しむ本格的な人など色んな人が参加していた。

日頃なかなか飲み比べることのない信州のワイン。
どこも特徴があって、自分好みのワインを探したいところだったけれど・・・飲み過ぎた。。。

終盤はちょっと飲みつかれでテーブルでちょっとずつワインを楽しむ。
朝は二日酔いでテンション低かった嫁さんは気づけば新しいワインを手にしていて・・・朝は何だったのか。

途中にはワインが当たる抽選会などもあって、色々楽しませる演出もあって・・・あっという間に2時間が過ぎてしまった。。。

冬場は屋内のイベントが良いとは思っていたけれど、ここまでワインを自由に飲めて楽しいのならば・・・次回も参加したいなって思ったね♪
ただ、開幕戦の次の日だけは・・・どうにかならないかな。。。

=らいおん。=
スポンサーサイト

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply