先手を奪え(東京vs仙台)

らいおん。

DSC00725_R.jpg


今週は急に春らしい気候になり、20度近くまで気温が上がった日もあった。
そして、今日も日差しがたっぷりのポカポカ陽気♪

サッカー観戦しやすい時期になってきて・・・こーゆう日にホームゲームが出来て、ホント嬉しくなるよね♪

IMG_0435[1]_R
ドロンパ♪
開場前に青赤横丁でドロンパの姿も♪
まさかうちらのテーブル前を通って・・・思わず手を振ってしまった。。。

J1 第2節
FC東京 VS ベガルタ仙台
@味の素スタジアム


DSC00675_R.jpg

【東京スタメン】
直近の試合:△1-1浦和(J1)


FW:- 9ディエゴ・オリベイラ----20前田--
MF:--------- 8高萩---------
   ----38東--------39大森----
   --------- 7米本---------
DF: 6太田- 3森重-48チャン・ヒョンス- 2室屋
GK:----------33林---------

ベンチ:GK大久保択、DF丸山、岡崎、MF橋本、永井、久保、FW富樫


前節とスタメンの変更は無かったけれど、高萩をトップ下のポジションへとシステムを変えた。

浦和戦は守備ではしっかり守れていたけれど、攻撃の迫力不足だった感は否めなかったんで・・・そこに手を打ってきたって感じ。

ベンチメンバーには小川から岡崎に替えて守りの駒を増やした。
優位な状況であれば岡崎の出番もあるかな。

【対戦相手:ベガルタ仙台】
2017年リーグ順位:12位(11勝8分15敗)
直近の試合:◯1-0柏(J1)


DSC00680_R.jpg

対戦相手の仙台は去年は序盤はなかなか勝ち点が伸ばせなかったけれど、最終的には後半戦低調だった東京を抜いて12位でフィニッシュした。

今季は去年の中心メンバーだったFWクリンスラン(→清水)、MF三田(→神戸)が移籍して不安視されていたけれど・・・開幕戦は新加入のDF板倉(→川崎)の活躍で去年4位の柏を破った。

元東京のFW阿部(←蔚山/韓国)も加入して、三田、平山(引退)、増嶋(→千葉)が抜けても相変わらずの縁の強いチームだなって感じ。


【試合】
DSC00690_R.jpg

キャプテンのコイントスが終わって・・・なんと、いつもと違って前半に東京はホームゴール裏へ向かったプレーをすることに。

「仙台、姑息な手を使って・・・」と思ったら、キックオフのボールは仙台が蹴ったんで・・・エリアを選んだのは東京だった!!
これは「前半で先制点を奪う」と言うサインであって、高萩のポジションもあって今回は「点を取る」と言う強いメッセージを感じる。

そのメッセージ通り、序盤から東京は押し気味で試合を進めていく。

DSC00691_R.jpg
攻撃のタクトを振るう高萩
今日はトップ下に入ったMF高萩はボールに多く触って、左右の選手を活かしたプレーをしていた。
そしてただボールを散らすだけでなく、自分がボールを受ける側に走るなど積極的なプレーでチームを引っ張った。

DSC00706_R.jpg
好調を維持する東
前節ゴールを奪った東は今日も積極的なプレーで、コーナーキックからのこぼれ球をダイレクトでシュートを打つ!!
惜しくも相手GKに防がれるも、ちゃんとゴールの枠に飛んでいて・・・今季の調子の良さを感じる。

DSC00727_R.jpg
ペナルティエリア内で仕掛けるディエゴ
浦和戦よりもよりゴリゴリと仕掛けるプレーを見せるFWディエゴ。
彼の良さはその体格を活かした相手のプレッシャーを受けながらの前への推進力で、今日はゴール前で何度もアタックを仕掛けていた。

そして、問題のシーンを激写!!

DSC00729_R.jpg

DSC00731_R.jpg

DSC00733_R_20180305145217544.jpg
相手DFに倒されるディエゴ
相手はボールに触れてる??
画像を見たら、相手も「これはヤバい」って感じで積極的にマイボールにアピールもしていないのに・・・これをレフリーはファールを取らなかった。。。

その後も仙台ゴール前の混戦でのハンドをスルーしたりと、なんか東京は偏見を持ってレフリーに見られていたようだった。

得点が奪えないのを審判のせいにしたくはない。
ただ・・・去年からホームゲームでの判定への不満は継続しているって感じ。

この判定に不服な気持ちを抑えつつ、東京の選手たちはその後も積極的なプレーで仙台を押し込んでいく。

DSC00753_R_20180305145957cc0.jpg
大森のシュートは枠を大きく外れる
2列目から飛び出しての動きは秀悦なMF大森だけれど・・・最後のシュートがハマらず。。。

前半は終始相手を圧倒するも・・・「前半でリードを奪う」作戦は失敗し、スコアレスで終了した。

後半、作戦失敗をどうリカバリーするかと思ったけれど、やり方は前半と変えずに東京は入った。
逆に仙台は中盤を厚くして、1ボランチのMF米本の両サイドのスペースを使って攻撃を仕掛けてくる。

入りが悪かった訳で無かったけれど・・・仙台の「ここぞ」と言う場面での前への推進力に東京守備陣は人を捕まえきれず、相手FWのシュートが右のポストに当たり、ゴールラインを横断した後に左ポストに当たりゴールインした。

DSC00781_R.jpg

*東京0-1仙台*

欲しかった先制点を許してしまった東京。
その後は守備のブロックを作る仙台に苦戦する。

何とかその状況を打破しようとMF久保を投入する。
久保は独特のボール受ける間合いが上手く、彼がボールを持つと仙台の選手も何人もプレスをかけて奪いに行く。

彼はそれは百も承知で、パスを出すと見せかけて突然ドリブルを仕掛けたりと怖いプレーを見せる。

DSC00801_R.jpg
東のフリーキック
そんな久保がファールを受けて得たフリーキックのチャンスだったけれど・・・壁に当たって活かせず。。。

FW前田に代えてFW富樫、DF室屋に代えてMF橋本を入れて何とか攻撃の厚みを持たせていくも・・・最後まで仙台ゴールを割れずに、試合は終了した。

DSC00815_R.jpg

*試合結果:東京0-1仙台*
*東京得点:なし*


「先制点を奪う」と言うプランに向けての気持ちも感じられて、前節よりもシュートも多かった。
ただ、そのプラン崩壊後の対応力が、まだまだ力不足だったな。。。

DSC00821_R.jpg

DSC00851_R_20180305151615114.jpg
挨拶に来るアベタク
後半に東京ゴール前でプレーする姿を観れたけれど、ボールが持てるしドリブルはキレがあるし・・・やっぱり良い選手だなって感じた。

彼を出してしまったのはちょっと勿体なかったよね。。。
これも去年の大久保、ウタカにかき回された年の負の部分だよね・・・。

彼のプレーは仙台にフィットしそうだし、頑張って欲しいね。


☆今日のイチバン・・・高萩 洋次郎☆

前節はパスミスもあった高萩だったけれど、今節はトップ下でホントに頑張っていた。
スルーパスも多くのチャンスを作っていただけに・・・勝利に繋がらなかったのは残念でならないね。

ただこのカタチでの成熟が今のチームには必要だよね。

●今日のダメダメ・・・室屋 成●

前節は俺とは正反対の評価で高評価をしているサイトもあったみたいだけれど・・・俺的には去年ユニフォームを買った選手なだけに、もっと期待値が高い。

今日は・・・守備と言うより攻撃のところでイマイチな感じで。
パスを受ける時に出し手と呼吸が合わないシーンも多く、せっかく全員で「行くぞ」って時に流れを停滞させてしまった。。。

徳永が居なくなって、右サイドバックのファーストチョイスの立場ではあるけれど・・・守備も攻撃もどっちつかずならば、ベンチに入っていた岡崎を起用しても良かったんじゃないかなって感じたよ。。。


【セレモニー】

IMG_0438[1] (2)_R

今日は元東京の選手の平山の引退セレモニーが行われた。

去年東京から今日の対戦相手の仙台に移籍したけれど・・・怪我で1試合も出場せずに引退をした。
なんで、仙台的には活躍もしていない選手のセレモニーをやる気もないって事で、在籍期間の長かった東京が仙台との試合でもあったんでセレモニーを開催した。

IMG_0437[1]_R
ユニフォームの展示
コンコースには彼のユニフォームが展示されていたけれど・・・あまりにも簡易的な展示だったんでビックリした。。。

DSC00831_R.jpg
仙台サポの横断幕
彼は指導者を目指して仙台大に入学が決まったとの事で、仙台サポからはこんな横断幕が。

「超高校級」、「怪物」と呼ばれて将来を期待された平山。
オランダから東京に移籍してきて、期待値は高かったけれど・・・チームのエースとなるまでの活躍は無かった。

俺も失望する試合の方が多かったから・・・彼のスピーチにもあまり感動はない。
それより花束を渡しに登場した羽生の引退試合なりを行ってもらいたいなって思ってしまった。。。

DSC00880_R.jpg
平山の〝シャー〟
まさか今季の最初の〝シャー〟が平山になるとは。。。

怪我で苦しんだ現役時代の教訓を指導へ活かしていってもらいたいね。
平山、お疲れさまでした。


水曜からルヴァンカップも始まるし、11日にはJ3も開幕する。
ここからは怒涛の連戦なんで・・・チーム一帯となって頑張っていってもらいたいね!!

DSC00770_R.jpg
ドロンパ「ひなまつり」

*東京観戦成績(18年):2戦1分1敗

=らいおん。=
スポンサーサイト
Posted byらいおん。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply