勝利を信じて(東京vs新潟)

らいおん。

DSC01339_R.jpg


ルヴァンカップ第2戦
今年から数合わせの為かJ2に降格した3チームのうち上位2チームがルヴァンカップに参戦する。

降格チームとしては罰ゲーム的なレギュレーションだけれど、同組となったJ1組としてはちょっとラッキーな感じも。
東京の入るAグループもその恩恵に預かり、17位で降格した新潟が入っている。

長谷川監督に代わってから、ここまで1分3敗と勝てていないチームとしては、この新潟との試合でなんとか初勝利を手にしたいところ。

今日は仕事後の参戦だけれど・・・勝利を信じて味スタへ。

ルヴァンカップ グループステージ第2節
FC東京 VS アルビレックス新潟
@味の素スタジアム


DSC01260_R.jpg

【東京スタメン】
YLC予選順位:4位(勝ち点0:1敗)
直近3試合:●0-1 仙台(J1)
      ●0-1 マリノス(YLC)
      ●0-2 磐田(J1)


☆印:21歳以下(日本国籍のみ)

FW:- 9ディエゴ・オリベイラ--17富樫-----
MF:----38東---------39大森----
   ------ 8高萩---18橋本-------
DF:25小川- 5丸山-48チャン・ヒョンス-29岡崎☆
GK:----------33林----------

ベンチ:GK大久保択、DF室屋、吉本、MF内田☆、米本、FW永井、久保☆


ホームゲームの今節は前節とは違いリーグ戦のメンバーも起用してきて・・・監督の勝利に対しての気持ちを感じる。

注目は前節に続いてスタメン出場の岡崎。
前はアンカーでの起用だったけれど、今日は右サイドバック・・・室屋が近頃イマイチなんで、ここで岡崎はしっかりアピールしてポジションを奪ってもいいんじゃないかなって感じ。

あとは結果の欲しいFW陣。
ディエゴはそろそろ得点を奪って呪縛から解放されて欲しいな。

それにしても・・・J3で後半20分きっかりで交代した梶山と田邉はてっきり今日に試合に合わせて交代したと思ったけれど・・・名前は無し。
だったらJ3の試合でフルで使ってもらいたかなったな。。。

【対戦相手:アルビレックス新潟】
YLC予選順位:2位(勝ち点1:1分)
直近3試合:△1-1 松本(J2)
      △1-1 仙台(YLC)
      △1-1 京都(J2)


DSC01261_R_20180315170908adf.jpg

J2に降格した新潟は主力だったFW山崎やMF小泉(→ともに柏)、FW鈴木(→長崎)、DF大野(→湘南)などが抜けて戦力的に未知数なチームになった。
しかも今日はリーグ戦の合間のカップ戦なんで、どこまで主力組を出すか分からない。

今季就任した鈴木政一監督は磐田でJ1優勝へ導いた監督で、現在J2では1勝2分と勝ちきれていない試合が多いけれど、負けてはいない。
J1昇格を第一目標とするチームがどの様な編成で挑んでくるのか・・・読めないな。。。


【試合】

DSC01264_R.jpg

試合が開始し、ホームの東京が主導権を握り新潟ゴールへ迫っていく。
今日は特に左右へボールを動かすスピードが速く、そこから前へとパスを繋ぐ意識も高い。

勝てない、点の取れないチームではあるけれど、選手はしっかりと練習で取り組んだことを発揮しているって感じ。

DSC01267_R.jpg
新潟FW田中とMF高木
サブメンバーが中心の新潟の編成なのか、知っている選手が少ない。
そんな中でベテランFWの田中達也の元気な姿が観れて・・・嬉しいね♪

そして今季新潟に移籍したMF高木善朗。
オランダ(ユトレヒト)から日本に戻ってきたけれど、なかなかインパクトのあるプレーを見せていない。
新天地となる新潟で輝けるのか。。。

新潟は守勢にまわる時間が多いけれど、前線の機動力のある選手が東京DF陣にプレスをかけて自由にボールを蹴らせない。
東京はちょっと危ないなってプレーもあったけれど、そのプレスをかわして前線へボールを供給する。

注目ポイントのDF岡崎のサイドバックも落ち着いていた。
時々ミスパスをしてしまっていたけれど、「守備の安定」は室屋より岡崎の方が上だったかな。

DSC01294_R.jpg
セットプレーも・・・
東京は前半はワンサイドゲームかのように押し込んでいき、新潟ゴールに迫るも・・・肝心の得点が奪えない。
セットプレーも何本もあり、身長差で優位な感じだったけれど・・・不発。。。

中盤のパス交換で抜け出したMF大森のシュートやセットプレーのFW富樫のヘッドなど、あと少しでゴールって言う決定的なシーンはあるんだけれど・・・シュートが枠を捕えない。。。

前半はスコアが動かずに0-0で終了する。
リーグ戦の仙台戦も前半押し込んでいたけれど、息切れして後半に得点を許してしまって・・・その嫌なイメージもある後半へ。

DSC01349_R.jpg

後半に入っても主導権を握ったのは東京。
前線のFWディエゴが起点となって新潟ゴールに迫る。

中盤の運動量も多く、MF東や大森がゴール前に顔を出すシーンも多いけれど・・・ホント、あとは得点だけって感じ。

DSC01390_R.jpg
小川のフリーキック
良い位置でのフリーキックも・・・ボールはゴールの枠を大きく反れた。

何かに取り憑かれたかの様にホームゲームで得点が奪えない東京。
現状を打破しようと長谷川監督はFW永井と久保を同時に投入する。

DSC01426_R.jpg
ボールを受ける永井
足の速さを活かしたプレーは面白いんけれど・・・肝心のボールが足に付かずにロスする事が多かった。
彼が伸び伸びとプレーできると、もっと面白いんだろうけれどな。。。

前線を活性化させて、新潟ゴールに迫る東京。
そのこう着状態を打開したのは・・・FW久保だった。

中盤でのパス交換からボールを受けてドリブルをしてペナルティエリア内へ侵入。
そして思い切りのいいシュートが新潟ゴールへ吸い込まれて・・・先制点を奪った!!

*東京1-0新潟*

DSC01448_R_20180315174705e7d.jpg
雄叫びを上げる久保
見たかった久保のトップチームでの初ゴール!!
短い時間でもしっかり結果を残す・・・やっぱり彼は凄い選手だね!!

DSC01486_R.jpg

こーなると試合は東京の展開に。
しっかりボールをキープして時間を使って新潟にペースを握らせない。

そして、待ちに待った今シーズンの初勝利の瞬間を迎えた!!

DSC01500_R.jpg

*試合結果:東京1-0新潟*
*東京得点:久保(76分)*


ロスタイムに「眠らない街」を唄って迎えるタイムアップの笛・・・この感じはいつ以来だろうか。
終始試合を自分たちのペースで動かしていたから、もっと得点が欲しかったところではあるけれど・・・今日はまずは勝利する事が大事だったね。

DSC01504_R.jpg
インタビューを受ける長谷川監督
「やっと勝ちました」とホッとした様子の監督。
久保、永井の投入と意図を感じる采配でチームをしっかり勝利へ導いたね。

DSC01512_R.jpg

終盤に太ももの裏の痛みを訴えて交代したFWディエゴだったけれど、挨拶の時には問題なく歩いていて安心した。

DSC01525_R.jpg
久保の〝シャー〟
値千金の決勝弾を決めた久保。
まだ16歳の彼だけれど・・・もう中心選手になりつつあるね。

その期待値はこんな所にも・・・

DSC01535_R.jpg
久保を囲む報道陣
過熱気味の報道陣だけれど・・・これをプラスに出来る選手だと思うんで、もっともっと輝いていってもらいたいね☆


☆今日のイチバン・・・チャン・ヒョンス☆

今日のイチバンは決勝点を決めた久保でも良かったけれど・・・得点が生まれない状況でもしっかりと守備を統率したヒョンスが一番かな。

相手FWの素早い動きをしっかり感じてスッと身体を入れてボールを保持したり、スペースがあれば果敢に前へボールを運んでいく。
声だけでなく、プレーでもしっかりチームを鼓舞しつづけた姿はカッコ良かったな。

●今日のダメダメ・・・永井 謙佑●

途中出場した久保が結果を残しただけに、一緒に入った永井の残念っぷりも感じてしまった。

動き出しまでは良いけれど、そこから焦ってしまうのかトラップやパスの精度が低い・・・ボールとじゃれあっているのかと思ってしまうよ。。。

相手のディフェンスラインをぶち抜いてからのショート・・・そんなシーンを期待しているんで、焦らずにプレーをしていってもらいたいね。


週末には湘南とのリーグ戦をホームで迎える東京。
俺は仕事で観に行けないけれど、今日の勝利をリーグ戦へとつなげていってもらいたいね♪

DSC01312_R.jpg
「ホワイトデイ」ドロンパ

*東京観戦成績(18年):5戦1勝1分3敗*

=らいおん。=
スポンサーサイト
Posted byらいおん。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply