疾走・室屋!!(東京vs鹿島)

らいおん。

DSC02449_R.jpg


ガンバ戦後に仙台、長崎とアウェイ2連戦となった東京。

メンバーを落として臨んだルヴァンカップの仙台戦は守備のミスが連発して敗戦。
中3日で迎えた長崎戦はディエゴ・オリベイラのハットトリックを含む5得点で快勝した。

リーグ戦メンバーは日曜の長崎戦から中2日となるけれど、今日は難敵鹿島をホームに迎えての試合。

リーグ戦では連勝中の東京。
ここで鹿島を叩ければ勢いつく事は必至!!

勝利を信じて・・・昼過ぎから強く吹き出した風の中、味スタへ。

J1 第7節
FC東京 VS 鹿島アントラーズ
@味の素スタジアム


thumbnail_IMG_0572[1]_R

【東京スタメン】
リーグ順位:4位(勝ち点10:3勝1分2敗)
直近3試合:◯3-2 ガンバ(J1)
      ●0-3 仙台(YLC)
      ◯5-2 長崎(J1)


FW:- 9ディエゴ・オリベイラ--11永井-----
MF:----38東---------39大森----
   ------ 8高萩---18橋本-------
DF:25小川- 5丸山--48チャン・ヒョンス- 2室屋
GK:----------33林----------

ベンチ:GK大久保択、DF吉本太田、MF米本、FW久保、富樫、前田


DSC02150_R.jpg
頑張れマル!

長崎戦でスタメン復帰を果たした室屋が今日もスタメン出場し、負傷した森重に代わって丸山が名を連ねた。

連戦となると同じメンバーでって訳にいかないからね、ここで崩れることなく戦えるか・・・チーム力が問われているよね。

【対戦相手:鹿島アントラーズ】
リーグ順位:12位(勝ち点8:2勝2分2敗)
直近3試合:△0-0 札幌(J1)
      △2-2 上海申花(ACL)
      ●1-2 湘南(J1)


DSC02158_R.jpg

常勝軍団は今は苦しみの中にいる。

ホームで札幌に引き分け、アウェイのACL・上海申花戦はグループステージ突破は決めたけれど、消化不良気味の引き分け。
そして、湘南とのリーグ戦では後半ロスタイムに決勝弾を許してしまった。

近ごろの鹿島は決めるところで得点が決められない状態で、サポーターの掲示板とかでは大岩監督への不満の声が聞かれる。

そう言えば、浦和は堀監督が解任されていたし、去年の東京の篠田監督を観ているだけに、暫定的には結果は残すも次第にジリ貧になる感じは若い監督には多いよね。

ただ、何年か前に東京は鹿島との試合で「調子が悪いから、叩くのは今!」と言う試合を落として、そこから鹿島が復調した試合があった。
そう思うと、元々地力のあるチームなんで、隙は見せてはならないね!

強風はスタジアムの中にも吹きつけ、時折バックスタンドからメインスタンドに向けての風や南から北へと抜ける風・・・この風を味方に付けれるかどうかも大事になってくるね。


【試合】

DSC02174_R.jpg

試合が開始し、東京は前線へ素早く預けて攻撃を仕掛けていく!
・・・と、いきなり鹿島の選手が接触プレーで負傷し交代した。

鹿島はサイドバックに怪我人が多く、今季はドイツからDF内田が戻ってきたけれど・・・まだ本調子ではないみたい。
そしてDF山本の怪我で急遽出場となったDF西も怪我明けとの事。

途中出場に西も実力のある選手なんで、やっぱり鹿島の選手層は厚いなって感じる。

東京は何とか鹿島ゴールに迫るも、決定機までは作れず。
ただ、相手GKのキックが間合いを詰めていたFWディエゴに渡ると言うビッグプレゼントが!!

・・・が、突然すぎてFWディエゴも良い体勢でシュートが打てず、ゴールゲットまではつながらなかった。

DSC02234_R.jpg
コーナーキックも・・・
何本か東京はコーナーキックを得るも、風の影響かなかなかいいカタチには出来ずクリアされてしまう。

「悪くない流れ」だったけれど、強者・鹿島・・・1つのプレーが得点へとつながっていく。

MFレアンドロがサイドから中央に向かってドリブルを仕掛ける。
東京の選手は何人かで止めに行くも、スルスルとドリブルでかわされてしまい・・・パスを何とか弾くも、そこに鹿島FW金崎に渡ってしまう。。。

そこからコースを狙ったシュートを決められて・・・鹿島が先制点を上げる。

*東京0-1鹿島*

DSC02260_R.jpg

しっかり戦えていたけれどね、このレアンドロのドリブルを止めにいくプレーが弱かったな。。。

去年の終盤だとこの失点で盛り返せない展開になっていたけれど、今年はやっぱり違がかった!!

鹿島は守備のブロックを作って東京の攻撃を跳ね返すも、東京は何度も仕切り直して組み立てていく。
そこにプラスして今日は前へ仕掛けるプレーが活きた!!

DF室屋が相手に競り勝ってドリブルで前線へ駆け上がり、詰める選手も押し切ってグラウンダーのクロスボールを上げる。
そのボールが守備に戻った鹿島の選手に当たって・・・オウンゴールをゲットし同点!!

*東京1-1鹿島*

DSC02268_R.jpg

去年は相手の守備のブロックの前でパスだけをまわしている感じだったけれど、今年は積極的にみんなが仕掛けていく。

室屋のウリである「前への推進力」が生んだゴールだね♪

同点に追いつき前半を終了。
前半のうちに同点に追いつけたのは大きい!!

後半に入ると、同店の勢いのままに東京が押し込む時間が続く。

DSC02293_R.jpg

DSC02326_R.jpg

右に左に前へも後ろへも・・・もう今の東京の大エースと言える活躍を続けるFWディエゴ。
今日も「このプレーが得点になるのでは・・・」と思って、何度もカメラを向けてしまう。

ドリブルも迫力があるし、ホントに良い選手だよね♪

ここ数試合、ディエゴが活躍出来るのも実は相棒のFW永井の頑張りがあるから。
今日の試合も何度も「相手ボールになるかな」って思ったボールに追いついてマイボールに、それをディエゴへとつなげていた。

そんな永井の頑張りが次の得点へとつながる。
ロングボールのルーズボールを鹿島の選手に競り勝ってマイボールにし、後ろから駆け上がるDF室屋へヒールパスを送る。

そのパスを受けた室屋は猛然と前線へドリブルを仕掛けて、一気にゴール前へ!!
そして、相手に間合いを詰められながらも、思い切りのいいミドルシュートを放つ!!

DSC02343_R.jpg

相手GKの頭上をドスンと打ち抜く豪快なゴールが決まって逆転!!

DSC02362_R.jpg

*東京2-1鹿島*

追い上げたい鹿島はMFレアンドロを下げてMF小笠原を入れるも、追いかける展開で怖いレアンドロを下げてくれたのは助かった。

その後の鹿島の攻撃は迫力がなく、チャンスを多く生み出すセットプレーも強風の影響か精彩を欠いていた。

DSC02433_R.jpg
ディエゴのシュート
ディエゴはサイドからのボールをダイレクトで打って、決定的なシーンを作るも・・・相手GKに防がれてしまった。。。

DSC02443_R.jpg
疾走!室屋!!
今日の室屋は恐ろしいくらい相手の裏を駆け抜けて、何度もクロスボールを供給した。
相手のDF西が怪我明けとは言え、強い鹿島を相手に全く引けを取らなかったね!!

そして、相手の攻撃を後半はしっかりシャットアウトし・・・試合終了!!

thumbnail_IMG_0573[1]_R

*試合結果:東京2-1鹿島*
*東京得点:オウンゴール(39分)、室屋(55分)*


これでリーグ戦4連勝!!
しかもしっかりチームとして戦えての連勝なんで、気持が良い!!

DSC02454_R.jpg
ヒョンスのガッツポーズ
嬉しさを身体いっぱいに表すヒョンス・・・キャプテンがこーやって熱いのは良いね♪


☆今日のイチバン・・・室屋 成☆

DSC02463_R.jpg
室屋の〝シャー〟

今日のイチバンはもちろん大活躍の室屋!!

去年は何とか攻撃をしないとと焦ってしまい守備のバランスを崩していた。
今季はスタメンも岡崎に譲る試合もあって苦しんだと思う・・・それだけに彼の復活は嬉しいね♪

攻撃力がウリの彼なんで、ここから日本を代表する選手へ成長していって欲しいな。

●今日のダメダメ・・・富樫 敬真、前田 遼一●

勝っている時間での投入で、まずは前線からの守備を監督からは言われていると思うけれど・・・試合数は増えるけれど、なかなかゴールに結びつくプレーが少なくて残念でならない。

富樫、前田はFWなんで、やっぱり得点する姿を観たいな・・・。


次も中2日でアウェイのセレッソ戦となる東京。
鹿島と共に難敵ではあるけれど、みんなで気持ちの入ったプレーで戦ってもらいたいね!!

thumbnail_IMG_0575[1]_R

*東京観戦成績(18年):7戦3勝1分3敗*

=らいおん。=
スポンサーサイト
Posted byらいおん。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply