強度を高めて(新潟vs東京)

らいおん。

DSC04942_R.jpg


J1の中断期間に行われたロシアワールドカップ。
日本代表は強豪コロンビアを倒し、セネガルと引き分け、最終節でポーランドに負けたけれど決勝トーナメントへ駒を進めた。

そのトーナメント1回戦ではFIFAランク3位の強豪ベルギーと激戦をし、惜しくもロスタイムに決勝点を許して2-3で負けてしまった。

大迫や乾、柴崎など海外で活躍する選手が目立った大会で、Jリーグ組では主力として出場した鹿島のDF昌子くらいしか評価できない状況だった。

GK川島は以前の様な存在感が無かっただけに、柏の中村など起用してもらいたかったけれど・・・。

東京的には韓国代表として出場したDFチャン・ヒョンスを注目して予選の3試合を観戦したけれど・・・ヒョンスは1戦目で失点につながるパスミスをし、2戦目ではPKを与えてしまうハンドをするなど気合が空回りしてしまった。。。

3戦目となるドイツ戦ではボランチで出場し、アンカー的な役割でドイツ攻撃陣を封じ込めて歴史的な勝利に貢献したんで何とかワールドカップの戦犯扱いから免れたかなって感じ。

そんなヒョンスのボランチ起用は東京的にも面白いモノを見させてもらったって感じで、今後のオプションともなる起用かもね♪


そんな楽しみの多かったワールドカップも日本代表が敗退が決まると、世間は静かな感じに。
そして、リーグ戦再開に向けて移籍の話が活発になってきた。

東京もその例外でなく、7月11日現在での移籍情報は・・・

【OUT】
DF 吉本一謙 (レンタル→福岡)
   丸山祐市 (完全→名古屋)


ルヴァンカップやJ3など出る試合で目立った活躍が出来ていなかった吉本の移籍は仕方ないかと思わったけれど・・・その後にまさかの丸山の移籍。。。

DFの序列的に森重やヒョンスの次ではあったけれど・・・大事なバックアップメンバーだっただけに、この移籍は痛い。
まあ、マルの心境としてはスタメンで毎試合出れるチームを望むのも分かるけれど。。。

【IN】
FW リンス (レンタル←甲府)


加入選手は・・・終盤のスーパーサブ的な役割も出来るリンスが来た♪

俺は長谷川監督が率いて強い時のガンバって、いつも終盤に入ってくるリンスの存在が大きかったと感じていた。
なんで、今季も前半の終盤に勝ちきれない試合が続いた時に「リンスみたいな存在が居たらなって」思っていた。

そして、まさかのそのリンス本人が加入するとは!!
長谷川監督も感覚的には同じ感じだったのかもね・・・そう思うと、長谷川監督の戦術も知っていて、日本の環境にも順応しているリンスの加入は大きいよね♪

ただ、今回の移籍した選手が出場できるのはリーグ再開の7月18日からでなく、何でか20日以降と言う不思議。
なんで、スケジュールは決まっていて、こんなに長い中断期を作っておいて・・・再開時に加入した選手が出れないのか。。。

東京のリーグ戦の再開となる試合はアウェイの柏戦で、実はこの試合は柏からレンタル移籍で加入しているFWディエゴ・オリヴェイラが契約の関係で出場できないのが決まっている。

エース不在を補う為にもFW選手を補強してもルールで出られない・・・何だろうか、このモヤモヤ感。

そんなリーグ戦再開前に天皇杯の試合が組まれている。
リーグ戦へ勢いをつける為にも、アウェイではあるけれどしっかり勝利を掴んでもらいたい!!

運よく今日が夜勤明けだったんで・・・当初は参戦を諦めていたビッグスワンへ!!

天皇杯 3回戦
アルビレックス新潟 VS FC東京
デンカビッグスワンスタジアム


thumbnail_IMG_0866[1]_R

【東京スタメン】
天皇杯成績:1回戦シード
      2回戦:4-2 流経ド(茨城/JFL)
直近3試合:●0-1 仙台(YLC)
      △0-0 鳥栖(J1)
      ◯4-2 流経ド(天皇杯)


DSC04933_R.jpg

FW:- 9ディエゴ・オリヴェイラ-17富樫-----
MF:----38東---------39大森----
   ------ 8高萩---18橋本-------
DF: 6太田-- 3森重------29岡崎-- 2室屋
GK:-------- 1大久保----------

ベンチ:GK廣末、DF山田、小川、MF田邉、米本、FW久保


ワールドカップに出場したヒョンスは欠場で、早くも第3DFが必要な試合に。
今日起用されたのは・・・岡崎。

ベンチには山田も入っていくとなると・・・今後はJ3は2種登録の選手中心になってしまうね。。。

守備陣ばかり気になっていたら、前線も実はコマ不足な感じに。
永井、前田、矢島と怪我との情報(オフィシャルで発表になったのは前田だけだけれど)で・・・ディエゴの相棒は富樫で、ベンチには久保と原と言うこちらもトップチーム経験の少ない構成。

まあ、こーゆう機会を活かして、今後のトップチーム定着を狙って行ってもらいたいね!!

【対戦相手:アルビレックス新潟】
天皇杯成績:1回戦シード
      2回戦:0(PK5-3)0 高知(高知/地域リーグ)
直近3試合:△0-0 町田(J2)
      △1-1 水戸(J2)
      ●0-2 松本(J2)


DSC04941_R.jpg

6月の天皇杯以降、リーグ戦で1勝2分3敗と苦しんでいる新潟。
直近の土曜日の試合でも松本に負けていて、「1年でのJ1昇格」を狙うには厳しい17位と低迷している。

事前の情報で2階席は開けないと分っていたけれど、ホーム側の応戦席は閑散としていて・・・チーム成績が動員にも影響しているなって感じた。

そんな新潟に東京は5月のルヴァンカップのアウェイ戦で2-3で敗れている。
久しぶりの試合の東京に対してJ1中断期間の間も試合のあった新潟・・・試合勘の不足などでフワッと入る様なことにならないように気をつけてもらいたいね。


【試合】

DSC04953_R.jpg

試合が開始し、序盤は新潟が勢いよく東京陣内へ攻め込んできた!!
東京はDF森重を中心に冷静にボールを持つ選手にマークを付けて、スペースに走りこむ選手の動きも全員で声をかけて抑えていく。

DSC04955_R.jpg
センターバックで出場の岡崎
心配していたDF岡崎も森重とマークをしっかり確認しながら、新潟の巨漢FWターレスを抑えていて・・・そこまで危ない場面なく、淡々とプレーしている。

序盤の新潟の攻勢を抑えると、その後は東京がボールをキープして新潟陣内へ攻め込む。
前へボールを入れるスペースを作りながらボールを保持し、相手が間合いを詰めてきたらサイドチェンジをして逆サイドから攻撃を仕掛ける。

相手ボールになっても、みんなが奪うポイントでしっかり人数をかけて対応しあっと言う間にマイボールにして新潟に余裕ある展開を作らせない。

そこまで「ヤバい」と思うシーンなくゲームをコントロールして・・・試合勘不足の心配は無いなって感じた。

DSC04968_R.jpg
森重のヘディングシュート

自分たちのペースで試合を進めていて、次に欲しいのは一発勝負での先制点。
何度もあったコーナーキックで、DF森重がドンピシャヘッドをするシーンもあったけれど・・・相手GKの正面で決めきれず。。。

そんな押し込む展開だったけれど、相手の逆襲で思いきりの良いミドルシュートを決められて・・・欲しかった先制点を相手に譲ってしまった。。。

DSC04970_R.jpg

*新潟1-0東京*

ゴールを決めたMF坂井のドリブルに対して誰が付くのか曖昧になったところでミドルシュートを許してしまったね。

相手の先制を許して、もうゴールを奪うしかない東京はボールのパススピードが速くなり相手ディフェンスを翻弄する。
最初からこれが出来ていればって感じだけれど・・・これが試合勘なのかもね。。。

そして、右サイドを駆け上がったDF室屋のクロスボールに東京の選手が競り勝ってヘディングシュートを決めた!!

DSC04974_R.jpg

*新潟1-1東京*

最初東京のゴール裏では「誰が決めた??」って感じで得点者が分からなかったけれど・・・アナウンスでその選手を確認。
それは・・・東!!

それまであまり目立っていなかったけれど、しっかりと点を奪って・・・そう言えば、今季最初の浦和戦でも彼がゴールを決めたし、要所要所でしっかり仕事をする選手になったね♪

同点となり、その後は東京が一方的に押し込む!!
ただ、得点は奪えずに前半は終了した。

後半に入り、監督からゲキが飛んだ東京はよりスピードを上げて攻撃を仕掛けていく。
東京はサイド攻撃を基本とし、相手が詰めてきたら何度もやり直しをしてボールを動かして新潟ディフェンスが乱れる隙を突いてサイドバックが駆け上がり・・・DF太田のグラウンダーのクロスボールを中央でMF東があと一歩って所まで詰めたりと惜しいシーンを作っていく。

DSC04991_R_20180713145742853.jpg
ディエンスラインの裏へ走りこむ大森
サイドのスペースが封じられると、次は中央のスペースにMF陣が走りこんでいく。
これが防がれるも、このサイドと中央の攻撃を何度も仕掛けていくことがボクシングのジャブの様に相手の体力を奪っていく。

DSC05001_R.jpg
相手選手と競る室屋
今日の試合のキーポイントは東京の右サイドの守備だったかな。

前へ出る事を特徴とする室屋の「上がった後のスペース」・・・それを上手く使われて新潟の先制点は生まれた。
後半はDF室屋はしっかりとボールをキープして相手に走りこまれる時間を作らせていなかった。

みんなが監督の意図する戦術をしっかり行っていき、東京はチームとしての強度を高めながら試合を進めていく。

DSC05012_R.jpg
クロスボールを上げる太田
左サイドを崩してスペースにDF太田が走りこみクロスボールを上げる・・・

DSC05019_R.jpg

DSC05022_R.jpg
ディエゴのヘディングシュート!!
そのクロスボールの先には・・・ディエゴ!!
相手のマークを外してフリーで合わせたヘディングシュートが決まって、東京は逆転に成功した!!

*新潟1-2東京*

DSC05037_R.jpg

決めたディエゴは歓喜のガッツポーズをするかと思ったら・・・この姿。
「決めて当たり前」って感じで、ここまで決めきれなかったことがこの姿になったのかな。

逆転に成功した東京。
ここからはしっかり守備のブロックを敷いて、相手の出方に合わせて攻撃を仕掛けていく。

・・・と、思った以上に次のチャンスは早く訪れて、カウンターからまたもDF太田が相手ディフェンスラインの裏へ抜け出していく!!
そして太田からのクロスボールに合わせたのは・・・これまたFWディエゴ!!

キレイにヘディングシュートを決めて、点差を広げた。

DSC05061_R.jpg

*新潟1-3東京*

追いかける新潟は攻撃的な選手を入れていく。
そして東京はFW富樫に代えてMF米本を投入・・・どんなポジションになるかと思ったら、MF高萩がFWになり米本がボランチに入った。

米本が入って「守備固め」的なイメージになったけれど、ここからがちょっと新たな試みな感じで面白かった。
ダブルボランチの米本と橋本なんだけれど、橋本がアンカー的な役割をして、米本は前へ前へ何度も飛び出していく縦の関係。

MF米本は言うならば大きなフォームでの走り方なんでダイナミックで迫力がある。
それが前へ前へと突進してくるんだから、相手にとっては圧迫感は計り知れないよね!!

そんな起用をする長谷川監督はやっぱり良い監督だなって感じながら試合は進んでいく。

DSC05094_R.jpg
ドリブル突破を図るディエゴ
前がかりになる新潟を尻目に東京はカウンターから新潟陣内へ。
ディエゴはハットトリックも狙えるシーンもあったけれど・・・ここは無理せずにボールをキープした。

終盤にMF田邉を投入し、リーグ戦への試運転をして・・・俺的には相手ディフェンス陣にスペースがあるこの時間に久保の投入を期待したけれど、長谷川監督は最後の交代枠一枚残したまま試合は終了した。

DSC05095_R.jpg

DSC05104_R.jpg

*試合結果:新潟1-3東京*
*東京得点:東(23分)、ディエゴ・オリヴェイラ(56分、60分)*


後半の内容を見ると、前半はやっぱりちょっと寝ていたかなって感じだったね。
観戦しているこっちも感覚が鈍っていたしね。。。

そう思うと、リーグ戦の再開前に公式戦を行えたのは良かったな♪

DSC05118_R.jpg

DSC05121_R.jpg
サポーターに手を振る長谷川監督
永井、前田と怪我している状況で、今日は富樫が起用されたけれど・・・結果はいつもどおりの守備は頑張るけれど得点が奪えない。
原や久保なども試してもらいたかったけれど、今後の長谷川監督の采配も注目だね♪

東京の勝利とは別に気になった新潟の状況。
今日はリーグ戦メンバーを大きく変えての選手起用だったけれど・・・ホントに去年までJ1に居たチームなのかと疑ってしまう内容。

先発でターレス、途中からブルーノ・メネゲウと外国籍選手FWが2人も出たけれど攻撃に迫力が無いし、ペナルティエリア内のハンドも審判の好意で見逃されるなど助けてもらいながらもこの結果。

東京から日帰りも出来て、美味しいお魚とお酒のある新潟への遠征を来年は期待したいけれど・・・「1年でのJ1昇格」は厳しいと言わざるを得ないね。。。


☆今日のイチバン・・・ディエゴ・オリヴェイラ☆

DSC05156_R.jpg
ディエゴの〝シャー〟

もうこのチームは「チーム・ディエゴ」と言ってもいいくらい。
今日も存在感抜群で、点を決めるだけでなくボールのキープなど効いていた。

そんなチームのエース・・・実は次のリーグ再開となる柏戦は契約の関係(柏からのレンタル)で出れない。
新加入のリンスはまで出れないし、怪我人が戻ってくる可能性もあるけれどエースを欠く試合をどう乗り切るのか・・・今からでも不安でならないよ。。。

●今日のダメダメ・・・富樫 敬真●

柏戦でのディエゴ不在の不安を払しょくする為にも、今日の試合でゴールを奪って欲しかった富樫。
結果は・・・いつも通りな感じでの途中交代。

運動量が多くて頑張っているけれど・・・ココって場面でのトラップが大きかったりするミスが減らない。
東京で開花して欲しい人材なだけに、もっと集中してゴール前での仕事を期待したいね!!


試合後、ゴール裏がざわついて・・・なんと、次に天皇杯で当たると思っていた柏が山形に負けた!!

柏戦はディエゴが出れないんで勝ち抜くにはプラスな要因だけれど・・・天皇杯は下位リーグのチームのホームゲームの開催の権利があるんで、試合は山形開催の可能性が高くなった。。。

柏が残っていたら、去年の順位では下の東京での開催の可能性もあったのに・・・。

そして、また日程が酷で・・・8月19日(日)にアウェイ札幌戦で、22日(水)天皇杯山形戦(山形開催?)、26日(日)アウェイ湘南戦とアウェイ3連戦の可能性が出てきた。

この8月の天皇杯までにどんな状況で迎えるか・・・7月末からはまた苛酷な連戦が続くんだね。。。

ワールドカップが終わって、待ちに待ったリーグ再開だけれど、恐ろしくもなってきたね。。。

thumbnail_IMG_0867[1]_R

雨マークあるけれど、雨降らなかったな。。。

*東京観戦成績(18年):16戦8勝3分5敗*

=らいおん。=
スポンサーサイト
Posted byらいおん。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply