リーダー不在(東京U23vs群馬)

らいおん。

DSC07352_R.png


いつも気にしてDAZNでは試合を観ているU23だけれど、トップチームの連戦もあって現地観戦は開幕戦以降行けていなかった。

今日は久しぶりにホームゲームに行けそうなんで・・・17時のキックオフで暑さは気になるけれど西が丘へ。

J3 第20節
FC東京U-23 VS ザスパクサツ群馬
@味の素フィールド西が丘


DSC07191_R.png

【東京U-23スタメン】
リーグ戦順位:17位(勝ち点13:3勝4分11敗)
直近3試合:●2-3 福島(J3)
      ●1-3 セレッソU23(J3)
      ●0-2 沼津(J3)


DSC07199_R.png

赤字:オーバーエイジ
青字:2種登録

FW:------23矢島----24原-------
MF:---52芳賀----------19平岡---
   ------40平川----37寺山------
DF:41高橋---22山田----26柳--31ジャキット
GK:---------30廣末----------

ベンチ:GK波多野、DF草住鈴木智、MFリッピ・ヴェローゾ、小林


トップではなかなか出場機会のない選手たちだけれど、FW矢島を筆頭にFW平岡、MF平川、DF山田ともっとトップに絡んでいって欲しい選手は多い。

なかなか勝てないのはトップチームだけでなくU23も同じで現在J3の最下位。
降格のないリーグだけれど、さすがにこのポジションは不甲斐ない。

前節は7月21日で1カ月ぶりとなる試合・・・中断明けとなる今日の試合に勝って、ここから勝ち点を伸ばしていってもらいたいところ。

2種登録の選手も多くて相変わらずやり繰りが大変そうだけれど、ここでタフさを養っていってもらいたいね!!

【対戦相手:ザスパクサツ群馬】
リーグ戦順位:7位(勝ち点25:7勝4分7敗)
直近3試合:◯2-0 鹿児島(J3)
      ◯2-1 鳥取(J3)
      ●0-4 ガンバU23(J3)


DSC07200_R.png

今季J3に降格してきた群馬。
なかなか観る機会のないチームなんで選手とか知らないことが多いけれど・・・ここには元東京のDF阿部が居る。
今日はベンチスタートだけれど、そのプレーを見れる機会はあるかな??


thumbnail_IMG_1060[1]_R
今日は久しぶりの猛暑日となって、日なたはジッとしても汗が流れるくらいの暑さ。
ゴール裏の日陰の場所を探して、前半はそこから観戦することに。


【試合】

DSC07203_R.png

試合が始まり、序盤は若い勢いで東京が押し込んでいく。
MF平川を中心にパスを繋いで、最後は前線の長身FW陣に合わせて群馬ゴールに迫る!!

DSC07230_R.png
芳賀のシュート
前線へ切り込んで行ったMF芳賀が惜しいシュートを放つも・・・相手GKに防がれてしまう。。。

DSC07241_R.png
ボールをクリアする山田
トップチームで夏に加入したDF丹羽がまだ馴染めていなく、アジア大会で岡崎も不在の中で期待したいのが山田のプレー。
彼はここを主戦場としないで、トップにもっと絡んでいってもらいたいけれど・・・。

序盤は相手攻撃陣のスピードに対して素早くクリアしてピンチを未然に防いでいく。

DSC07246_R.png
味方に声をかける廣末
前半に注目だったのは・・・GK廣末のプレー。
GKとしてのセーブはもちろん、彼の持ち味であるキックの正確性は・・・ホント、狙ったところにピンポイントで渡るんでビックリした!!

トップチームのGK林の曖昧なキックに見慣れてしまったからか、この精度を上のカテゴリーでも観てみたいな。。。

序盤は東京ペースだったけれど、相手も徐々に東京の弱い部分を突いて攻撃を仕掛けてくる。
その東京のウィークポイントは・・・左サイド。

MF芳賀、DF高橋と2種登録選手が並ぶこのエリアから押し込まれていく。
DF高橋が相手攻撃陣に引っ張られて出来たスペースに走りこまれて、戻るMF芳賀も間に合わずにクロスボールを上げられてしまうシーンが続く。

そこで気になってしまうのが中央の守備。
相手のスピードのある選手を捕まえきれずにフリーでヘディングシュート放たれてしまう。。。

攻撃時にもディフェンスラインから繋ぐ意識が強い為か、前への推進力がなく・・・パスをカットされてカウンターを喰らう場面も。
そんな中途半端な時間が続き、最後はDF山田が相手FWに振り切られてしまう始末。

そこからの折り返しを押し込まれて、先制点を許してしまう。。。

*東京U23 0-1群馬*

DSC07250_R.png

失点後東京は3バックにして、ジャキットを左サイドに入れてウィークポイントとなっていた左サイドを抑えることに。
その効果はあったものの、攻撃はイマイチ迫力不足となって・・・前半は0-1で終了した。

後半に入ってMF寺山に代えてDF鈴木智を入れて彼が左MFに入って、ボランチの一角に芳賀が移った。
この交代で東京は中盤が安定して後半は攻め込む時間が多くなる。

DSC07294_R.png
フリーキックを蹴る平川
もうU23は彼のチームと言って過言でないくらいに彼中心で動いている。
そしてパスのうまさは相変わらずで・・・あとはもっと周りを使えるようになると良いかな。

得点を奪いに前がかりになる東京。
ところがここに落とし穴が・・・前へ急ぐあまりに守備が緩くなり相手のドリブル止められずに、そこからゴールへつなげられてしまった。。。

*東京U23 0-2群馬*

DSC07308_R_201808261116533f8.png

2失点をして、東京はMFのポジションにいた平岡をFWへ。

DSC07318_R.png
サイドラインを駆け上がる平岡
前へのスペースが生まれたことでFW平岡のスピードを活かしたプレーが増えていく。

DSC07320_R.png
前線で待つ矢島
今季俺の期待したい若手の筆頭でもあるFW矢島。
気持ちのこもったプレーを期待したけれど・・・なんかね、俺の思っていた矢島のプレーとは程遠い感じだった。。。

同じく長身の原とポジションがかぶる事が多くて、年上でもある彼がもっと周りに支持をして使っていって欲しかったけれど・・・。
自分の事で精一杯って感じでプレーに余裕が無かったな。

なかなか前線が収まらずシュートまで運べない東京。
そしてここで、安間監督はMFリッピを投入する。

DSC07346_R.png
途中投入のリッピ
ボールに多く触れてリズムを作る彼のプレースタイル。
それがチームのリズムを崩す時があるけれど、今日はそのキープが攻撃のアクセントなって東京が押し込む時間が多くなっていく!!

DSC07357_R.png

そして、MFリッピからのパスを受けたMF芳賀がペナルティエリア内へ侵入して・・・相手に倒されPKをゲット!!

DSC07359_R.png
リッピのPK
リッピが落ち着いてPKをしっかりゴールゲットして1点差へ。

*東京U23 1-2群馬*

DSC07369_R_20180826113004499.png

この1点で流れは一気に東京へ。
東京の選手たちのプレーのギアも何段階もアップして、パスがポンポンと繋がって群馬ゴールへ迫っていく!!

DSC07380_R.png
突破を図るジャキット

DSC07395_R.png
群馬も阿部を投入

ホント、今までは寝ていたんではないかってくらいのプレースピードの差。
その速いテンポに群馬は追いつけずに・・・なんと、2度目のPKをゲットする!!

そのPKを蹴るのは・・・FW矢島!!

DSC07400_R.png
PKスポットに立つ矢島

試合の流れを決める大事なPKは・・・

DSC07414_R.png

相手GKに防がれてしまった・・・。
で、なんでも矢島はこれで3試合連続のPK失敗との事・・・さすがにFWとしてはツライ結果に。

その後は同点にしようと東京が押し込むも、逆に焦ってしまう感じでプレーがつながらずに時間ばかりが過ぎてしまって・・・タイムアップとなった。

DSC07439_R.png

*試合結果:東京U23 1-2群馬*
*東京得点:リッピ・ヴェローゾ(78分)*


チャンスはあったのにまたしても負けてしまった。
矢島のPKが決まっていたらって結果になってしまったね。。。

DSC07443_R.png

このメンバーの中で年長であるDF山田、FW矢島がチームを引っ張っていって欲しいのに、その2人が揃って不甲斐ないプレーを見せてしまった。

ディフェンス陣のバタバタ、FW陣の曖昧なプレー・・・このチームはリーダーと呼べる選手が居ないなって感じた。
プロ組の中で最年少の平川が一番目立っているとなると、チームの浮上のキッカケを掴むのは長くなりそうだな感じ。

なかなか勝てないとなるとJ3を観に行く足も遠のいてしまう。
トップチームが苦しんでいるだけに、このチームから突き上げるような勢いを感じたかったけれど・・・ここからトップに行ける選手はそう多くないかなって感じた試合だったね。

thumbnail_IMG_1062[1]_R
遠くに雷雲も・・・

*東京観戦成績(18年):23戦11勝3分9敗

=らいおん。=
スポンサーサイト

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply