連敗阻止へ(湘南vs東京)

らいおん。

DSC07659_R.png


日曜の札幌戦から中2日でのアウェイ山形での天皇杯に臨んだ東京。

FWディエゴのPKで先制したも、すぐに追いつかれ・・・延長戦でも決着がつかずにPK戦へ。
そのPKは7人目までもつれて、東京のFW富樫が外して敗戦が決まった。

この結果、ルヴァンカップに続いて天皇杯も敗れてしまって・・・残されたタイトルはリーグ戦のみとなった。

その希望を託したいリーグ戦だけれど、ここのところ3連敗で上位2チーム(広島、川崎)から取り残されつつある。
何か浮上のきっかけを掴んでもらいたい・・・そう信じてアウェイ平塚へ。

J1 第24節
湘南ベルマーレ VS FC東京
@Shonan BMW スタジアム平塚


thumbnail_IMG_1075[1]_R

【東京スタメン】
リーグ順位:3位(勝ち点40:12勝4分7敗)
今季対戦成績:◯1-0(3/18味スタ)
直近3試合:●0-1 柏(J1)
      ●2-3 札幌(J1)
      ●1(6ー7)1 山形(天皇杯)


thumbnail_IMG_1079[1]_R

FW:---13リンス-- 9ディエゴ・オリヴェイラ--
MF:----38東----------39大森---
   ------ 8高萩----- 7米本------
DF: 6太田---- 3森重--- 5丹羽---- 2室屋
GK:----------33林----------

ベンチ:GK大久保、DF山田、小川、MF品田、FW永井、富樫、前田


今日は遠征メンバーにDFチャン・ヒョンスの名がなく、丹羽がスタメンへ。
このところ何も情報なく突然欠場する選手が多くて、「怪我をしてしまったんじゃないか・・・」って心配になってしまう。

室屋や森重の様に体調不良での欠場だったらすぐに復帰するから良いけれど、橋本や田邉の様に長期離脱もあるんで・・・まだまだ厳しい連戦の影響が出ているなって感じ。

まあ、こーゆう時の為に獲得した丹羽なんで・・・ここでしっかりとアピールをしてもらいたいね。

攻撃陣は今日はディエゴとリンスの外国籍選手が2トップを組む。
ここ数試合は得点数も少ないんで・・・ここも新たな組み合わせを模索中って感じかな。

【対戦相手:湘南ベルマーレ】
リーグ順位:12位(勝ち点26:7勝5分10敗)
直近3試合:●1-4 仙台(J1)
      ●0-2 神戸(J1)
      ●1-3 川崎(天皇杯)


DSC07452_R.png

対戦相手もリーグ戦3連敗中で天皇杯も敗退が決まると言う東京と同じ状況。

元々全員の運動量で相手を押し込むサッカーを標榜するチームなんで夏場は厳しい。
ただ、今日はホームなんでガムシャラさは増すと思うんで、東京はしっかり守備してカウンターで得点を狙っていってもらいたいね!!


【会場外の戦い】

夏の蒸し暑さが戻ってきて、試合前から東京サポ仲間とスタジアムで過ごすも・・・汗が止まらない。。。

アウェイ湘南戦の楽しみの一つとして、スタジアムグルメの充実がある♪
今回もみんなでフードパークの食事を購入して、ワイワイと食べて過ごすことに。

thumbnail_IMG_1068[1]_R
江の島しらす生のりPizza

thumbnail_IMG_1069[1]_R
タイ料理3種と餃子と唐揚げ

thumbnail_IMG_1071[1]_R
シュラスコ

今回は「International Day」と言う事で、国際色豊かなメニューを揃えていた♪

タイ料理の独特の辛さにしびれ、ジューシーなシュラスコに舌鼓を打ち、しらすののったピザを堪能する。
・・・ホント、この「また期待」と思わせる充実感のあるフードエリアは東京にも見習って欲しいところだよね。

そして、湘南戦の試合以外での戦いと言えば・・・地ビールのサンクトガーレン!!

地ビールとは思えないくらいの美味しさで、俺も大好きなビール♪
今日も暑い中ここまで来たのはこのビールを堪能する為と言っても過言ではない!!

そして東京は2016年の対戦の時にこのサンクトガーレンの販売量560Lで歴代1位を獲得した!!
そんな東京戦を迎えるにあたって、サンクトガーレンは大容量のカップを導入するなど、今回も試合日前から東京サポを刺激する情報を入れてくる。

そんなサンクトガーレンは・・・16時くらいにスタジアムに到着したら、もう多くの人が並んでいた!!

thumbnail_IMG_1072[1]_R

「商売上手」なサンクトガーレンは空になったビールの樽を並べ、そこに現在の販売量を表示する。
その下には今までの歴代販売量の順位と販売量も書いてあって・・・それに刺激されてように、スタジアム開場後になると列はグングン伸びた。

俺の写真の撮った485Lは2位の川崎の記録に並んだ時。
試合前に早々に2位を抜いて、ここからは自分たちとの戦いに。

話によると、自己記録の560Lは試合前に更新して・・・最終的には735Lを記録したとのこと。
ホント、こーゆう挑戦に弱い東京サポ。
でも、そんな事にも必死なサポーターが好きなんだなぁ~☆

そしてこんなに飲んでも試合で暴れる人が出ないところもステキだよね♪

美味しいビールと食事を堪能し・・・試合へ!!


【試合】

DSC07460_R.png

試合が開始して序盤は湘南が前へ前へと攻撃を仕掛けてくる。
東京はGK林が落ち着いたセーブで相手のシュートを止めて、相手のファール気味のプレスにもしっかり耐えてボールを保持し攻撃へつなげていく。

今日の東京は前線の2人がしっかりボールが収まるんで、前に当ててからの2列目からの飛び出しで湘南ゴールへ迫っていく!!

DSC07526_R.png
森重のシュート
FWディエゴが相手ディフェンスラインから抜け出してシュートを放ったり、セットプレーの流れからDF森重がフリーでシュートを放つも・・・相手GK秋元に防がれてしまう。。。

DSC07480_R.png
東京の前に立ちはだかる秋元
一昨年、東京に在籍した湘南GK秋元。
権田の移籍などで選手層が薄くり大変な時に東京に来てくれた選手だったけれど・・・ロングシュートを見送ってのゴールや、ボール保持の6秒ルールの反則を取られるなどあまりいい印象の無いまま古巣へと戻った。

そんな彼の魅力は至近距離からのシュートブロック。
2015年のホームゲームで何度もシュートブロックされた記憶があり、そこから次の年への獲得へつながったと思っている。

東京では戦術的に押し込まれると言うよりカウンターを喰らう事が多かったんで、秋元のビッグセーブも少なかったかな。

そんな彼にとっては今日は自分の特徴が出しやすい試合展開で・・・その秋元の壁を東京はなかなか崩せない。。。

DSC07542_R.png
東のシュートも・・・
相手ディフェンスのこぼれ球に反応したMF東のシュートも湘南GK秋元に防がれ・・・終盤には3連続でビッグチャンスを迎えるも、そこでも得点が奪えない。。。

前半の終盤は何度もチャンスは作るが・・・得点が奪えないまま、前半は終了。
後半に入って、東京はいきなりピンチを迎える!!

相手の選手を捕まえきれずに攻め込まれ・・・GK林との1対1の場面に。
そこでGK林の上を狙ったシュートはクロスバーに当たり事なきを得た。

DSC07565_R.png
ドリブル突破を図るディエゴ
前半から攻撃を引っ張るFWディエゴ。
今日も相手選手を何人も引き連れてのボールをキープで攻撃の起点となるも・・・最後のところで相手のブロックを崩せず。

DSC07591_R.png
ボールをキープするリンス
ディエゴとは違って、こっちは味方とのパスで相手を崩していくFWリンス。
ディエゴとリンスの絡みで何度も相手ディフェンスを押し込むも・・・得点が奪えない。。。

DSC07606_R.png
スピードを活かしたプレーを見せる永井
途中投入の永井は持ち前の速さを活かして湘南ゴールへ迫るも・・・いつもの悪い癖でシュートを打たずにパスをして決定機をフイにしてしまう。。。

東京ペースで試合が進むも点が奪えない。
リンスに代えてFW富樫、ディエゴに代えてFW前田と投入し、前線のプレスを緩めずに攻め込む!!

DSC07666_R.png
セットプレーも活かせず
攻め込みながら得点が奪えないと相手が勢いづくもので・・・終盤は相手も積極的となり危ない場面も。。。

そこを何とか防いで活路を見出したかったけれど・・・試合は終了した。

DSC07674_R.png

*試合結果:湘南0-0東京*
*東京得点:なし*


相手を圧倒しながら決めきれない・・・ホント、今は勝つのにも苦労する状況は苦しい。

DSC07679_R.png

暑いこの時期に8日間で札幌、山形、湘南と移動距離の長い連戦を戦った選手たちは大変だったと思う。

今日の試合はシュートも多かったし、終始前への気持ちが感じられた試合だった。
連敗が止まった事を『良し』として、次のホームゲームで爆発をきたいしたいね!!


☆今日のイチバン・・・秋元 陽太☆

DSC07559_R.png

今日の試合は相手GKの秋元を褒めるしかないでしょ。
やっぱり「ノッた時」の彼は凄いね!!

ホント、東京の時にもっとこのビッグプレーを多く見せてもらいたかったのにね・・・。

●今日のダメダメ・・・交代選手の起用●

今日はジョーカー的な存在だったリンスがスタメンで起用された事で、交代で出る選手の迫力不足を感じた。

永井は爆発的な瞬発力を見せるプレーはあったけれど、富樫、前田は代わったディエゴ、リンスに比べてゴール前へ入る機会が少なかったかな。

前線で身体を張るけれど、決定力に難があるタイプの2人が途中投入は監督がどう攻めるのか意図が伝わり難かったかな。

俺的にはここでスピードのある平岡や、ボールの持てるリッピの起用があいってもいいのかなって思うな。


ここで大変なアウェイの連戦が終わった。
苦しい8月を耐えて、9月は反攻の月となってもらいたいね!!

DSC07450_R.png

*東京観戦成績(18年):24戦11勝4分9敗*

=らいおん。=
スポンサーサイト
Posted byらいおん。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply